くらし

体を温める4つのスパイスカレーレシピ記事まとめ。

外食で食べるスパイスカレーも美味しいですが、家でも本格カレーが味わえます。日本人の好みにあったカレーのレシピをまとめました。スパイスをうまく活用して、体の中から温めましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1.スパイス料理研究家の印度カリー子さんのカレーレシピ。

スパイス料理研究家の印度カリー子さんに、3種のスパイスから成る自家製カレーの素“グレイビー”の作り方と、その素を使ったスパイスカレーレシピを教わりました。

⇒キーマ・ラムカレー編
⇒海鮮スパイスカレー編
⇒豆・野菜カレー編
⇒王道チキンカレー編
⇒ポークカレー編

2.血流をアップする、カレーだれ。

冷蔵室で2週間保存できる、カレーだれ。スパイスを大集合させたカレー粉で体を温め、代謝をよくします。玉ねぎに火が通っているからすぐ調理可能。肉にちょい足しするのもおすすめ。

⇒詳細はこちら

3.口尾麻美さんのサンマのフィッシュカレー。

南インドはフィッシュカレーが主流。仕上げの作業にひと手間加えれば、ぐっと本場の味になります。レシピにあるブラウンマスタードシードが手に入らなければ、普通のマスタードシードでも代用可能です。

⇒ 詳細はこちら

4.藤井恵さんのキーマカレー。

スタッフのまかないとしても度々登場する、料理家・藤井恵さんの家の定番カレー。家族全員が好きになるまでスパイスの量を調整。シナモンスティック、ローリエ、赤唐辛子を油で炒めると香りがいちだんと豊かになります。

⇒ 詳細はこちら

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。