暮らしに役立つ、知恵がある。

 

部屋が整い、前向きになれる。井田式・後回しがなくなる片づけ。

部屋が乱れてしまうのは「出しっぱなし」が多いから。無理なく、使ったものをすぐに元に戻せる整理整頓法を教えてもらいました。

撮影・青木和義 文・嶌 陽子

1.実際と理想の時間の使い方を書き出す。

イライラの原因のひとつには、時間をうまく使えていないことがあるかもしれない。一度、自分が朝起きてから寝るまでをどう過ごしているか、細かく書き出してみることを井田さんは勧める。

「データがあると感情的にならず、自分の生活を客観視できます。何に時間をとられているのかがわかり、見直しにもなる。それをもとに、理想の時間の使い方も書いてみましょう。まずは最低でも3日分。特に気忙しくなる時間帯だけに絞ってみてもいいでしょう」

生活を客観視できる「時間調べ」

忙しい朝だけでも、できるだけ細かく書き出してみる。
忙しい朝だけでも、できるだけ細かく書き出してみる。

2.部屋の写真を撮ってみる。

人は普段、意外と部屋全体を見ていないもの。見たくないものからは無意識に目をそらしている。

「家の中の写真を撮ることをおすすめします。写真で初めて部屋全体を客観的に見ることができ、『どうしてここにあるんだろう』と思うものにも気づく。部屋を『お客様目線』で見ることが大事です」

最初に撮った写真は、片づけた後も捨てずに保存しておくといい。

「ビフォーアフターのビフォーを時々見ることで、『もうこんな状態には戻りたくない』と思えます」

部屋や一角をパシャッと撮影。スマホでも大丈夫。
部屋や一角をパシャッと撮影。スマホでも大丈夫。

3.持っている数を数える、モノの枠を決める。

「『たくさんある』だけだと漠然としすぎていて、どう解決すべきかがわからない。数えることで、それが自分の暮らしに合っているのか、具体的に考えられます」

そのうえで大事なのは、自分の生活に合った定数や定位置、つまり“枠”を決め、そこからモノがはみ出さないようにすること。

「枠からはみ出し、空いているすき間にモノを置くようになると、途端に部屋が乱れ始めます。覚えられる量だけ持つことが大事。持っているものを把握すれば、余計なものを買わずにすむからです」

トイレットペーパーのストックも最大で1パック。
トイレットペーパーのストックも最大で1パック。
ラップなども予備は持たず、定位置に。
ラップなども予備は持たず、定位置に。
トイレットペーパーのストックも最大で1パック。
ラップなども予備は持たず、定位置に。

4.モノをはがして平面、直線を出す。

キッチンカウンターや冷蔵庫の扉、ダイニングテーブルの上。空いているスペースには、つい何かを置いたり貼ったりしがち。「一度、すべてのものを取り払ってみましょう。掃除や作業をするのが驚くほど楽になることに気づくはず。また、目に入る情報が多すぎると、無意識のうちにストレスになるものです。何もない平面や直線を見ることで、気持ちも穏やかになる。その状態をキープしたくなりますよ」

何も貼っていない冷蔵庫は想像以上に気持ちよい。
何も貼っていない冷蔵庫は想像以上に気持ちよい。
食事や仕事などが終わるたび、テーブルの上のものをすべて片づけて拭き上げる。
食事や仕事などが終わるたび、テーブルの上のものをすべて片づけて拭き上げる。
何も貼っていない冷蔵庫は想像以上に気持ちよい。
食事や仕事などが終わるたび、テーブルの上のものをすべて片づけて拭き上げる。

5.小さなところから始める。

「大規模な断捨離を目的にしてしまうと、途中で挫折したり、その後、維持するのがつらくなってリバウンドしてしまう危険も。まずは自分の身の回りから、少しずつ片づけてみるといいでしょう」

「引き出しひとつ」「15分だけ」などと決めて取り組んでみよう。完璧を目指さず、「これだけできたからよし」と思うことも大切だ。

「最初は、調理道具、文房具類など、思い出が絡まない実用品から手をつけるのがおすすめです。1カ所でも整って達成感が得られると、次への意欲も高まって、片づけが習慣化していきます」

まず15分でできることから取り掛かるのがおすすめ。
まず15分でできることから取り掛かるのがおすすめ。
部屋が整い、前向きになれる。井田式・後回しがなくなる片づけ。
  1. HOME
  2. くらし
  3. 部屋が整い、前向きになれる。井田式・後回しがなくなる片づけ。

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載