くらし

部屋が整い、前向きになれる。井田式・後回しがなくなる片づけ。

部屋が乱れてしまうのは「出しっぱなし」が多いから。無理なく、使ったものをすぐに元に戻せる整理整頓法を教えてもらいました。
  • 撮影・青木和義 文・嶌 陽子
井田典子(いだ・のりこ)さん● 整理収納アドバイザー。主婦の視点を生かした実践的な整理・収納術が好評。著書に『心と住まいが整う「家事時間」』(マガジンハウス)など。

「後始末が楽な家を作ることが、イライラをなくす一番の近道です」

そう語るのは、「片づけの達人」「スーパー主婦」としてテレビや雑誌などで活躍する井田典子さん。

「整理収納に悩んでいる方のお宅に伺うたびに感じるのが、モノを出しっぱなし、開きっぱなしの状態が多いこと。“後回し”がストレスを生むのです」

そんな井田さん自身も、実はイライラしていた時期があるという。

「3人の子育ての傍ら自宅で学習塾をしていた頃は、忙しくていろいろなものが出しっぱなし。イライラして、子どもの話を丁寧に聞けなくなっていました」

一つひとつのものを、その都度、元に戻すようになってからは、視界がすっきりし、心が平和になった。

「それ以来、後始末が楽な家、つまり“元に戻しやすい家”を心がけるようになったんです。後始末さえしておけば、次の動きにも取りかかりやすくなります」

井田さんが考える“元に戻しやすい家”の原則は「キンコンカン」。「キン(近くに)」=生活動線に沿った場所に、「コン(コンパクトに)」=場所をとらないようにする、「カン(簡単に)」=出し入れを簡単にすること。これを意識すれば、片づけが後回しにならず、すっきりとした家を維持できる。

「狭いから、収納場所がないからとあきらめないで。家の中にあるもので収めれば、片づけも楽になる。工夫次第で必ず変わります」

片づけの目的は、美しい場所を作ることではなく、自分の心を整えることだと話す井田さん。

「身の回りの小さなところから始めてみては。1カ所でもきれいになると、自分を肯定できる。『次もやってみよう』と思えるエネルギーにもなるんです」

【井田さんの考える、 イライラをなくす極意5カ条】

1.実際と理想の時間の使い方を書き出す。
2.部屋の写真を撮ってみる。
3.持っている数を数える、モノの枠を決める。
4.モノをはがして平面、直線を出す。
5.小さなところから始める。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE