Vol.6 朝、指がこわばります。【40歳からのからだ塾WEB版】 | からだ | クロワッサン オンライン
からだ

Vol.6 朝、指がこわばります。【40歳からのからだ塾WEB版】

文・及川夕子 イラストレーション・小迎裕美子

新連載・40代からのからだ塾では、更年期世代(40〜50代)の女性に起こりがちな症状について、原因や対処法をお伝えしていきます。更年期まっただ中にいるライター及川が、医師や専門家に根掘り葉掘り。知っておきたい検査の情報やスクリーニングの考え方なども紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!

今回は「指のこわばり」についてです。
朝起きたら、手足がしびれている、手の指がこわばって曲げ伸ばしがうまくいかない。コップなどよくものを落としてしまう。
こんな症状があるときには、どんな原因が考えられると思いますか?

更年期によくある症状のひとつです。
その場合の治療法は……?

これまでは何ともなかったのに、手や足に違和感が出て思うようにならないとしたら、神経の異常や脳血管系の病気を疑う人も多いかもしれませんね。
でも、手足のしびれや指のこわばりは、頻度の高い更年期症状のひとつなのです。

クロワッサン本誌でも紹介しましたが、循環器内科医で更年期医療専門クリニックの院長でもある村崎芙蓉子さんによれば、女性ホルモンのエストロゲンには、直接関節に働いて関節の動きをなめらかにする作用があります。
またエストロゲンは、皮膚のハリや弾力を保つコラーゲンの生成にも関わっています。更年期に入り、エストロゲンが減少してくると、皮膚が乾燥したり、薄くなったりしてきます。
こうしたことが、特に手足の先など末梢部のしびれ、こわばり、皮膚の知覚過敏の原因になり得るそうです。

指のこわばりが更年期による症状なら、HRT(ホルモン補充療法)がよく効きますし、更年期症状の治療としては、自律神経調整薬や漢方薬などが用いられる場合もあります。
そのほか、更年期に伴う不安や心理的な原因が引き金になっている場合は、メンタル面での治療が必要になるかもしれません。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE