からだ

毎日続ければ変化を実感、背骨リセット。意識すべきは「胸椎」です。

  • 撮影/岩本慶三 文/石飛カノ モデル/北川リサ スタイリング/高島聖子 ヘアメイク/村田真弓 イラストレーション/宇和島太郎、松元まり子

[ひねる]一番のおすすめを徹底マスター

運動から遠ざかっていた人は「人の背骨ってこんなに回るの?」と驚くはずです。脇の下の筋肉がしっかり伸びて、スッキリしますよ。

( Step 1 ・2・3 )

(A)ゆっくり! 
不意の動きに弱い部分もあるから、急いで回さない。

( Step 4 )

(A)体を壁に向けてゆっくり倒す。顔の向きを変えたら、3~5呼吸。

(B)胸椎の上部と中~下部ではひねりの方向が反対になり、しっかりリセット。深部の回旋筋と、呼吸とコリに影響する前鋸筋も刺激される。

ターゲットの筋肉は背骨まわりの回旋筋。

回旋筋は胸椎でよく発達し、背骨の回旋や安定させる働きをもつ。背骨の状態を感知するセンサーでもある。

背骨リセットの要、胸椎をひねって刺激。

さて、背骨リセットの最後のステップは、要である胸椎の可動性を高めるためのストレッチ。動きはシンプル。カラダをひねって両手を壁につけ、体重を乗せるだけ。

自分の体重を利用して胸椎を無理なく刺激できることが、このストレッチの最大の特徴。ターゲットの筋肉は背骨の深部にある回旋筋という細かい筋肉と、脇の下にある肩甲骨と肋骨を繋ぐ前鋸筋という筋肉。

目的は、ねじる動作で胸椎まわりの回旋筋を刺激し、背骨を正しい位置にリセットすること。結果的に背骨全体の可動域が広がり、カラダを曲げたり背中を反らすといった動きがスムーズになる。日常の動作もずっと楽になるはず。

また、前鋸筋(ぜんきょきん)は肩こりや呼吸と関わりが深い筋肉。ストレッチで緊張をほぐすことで、しつこいこりの改善や深い呼吸のサポートにも繋がる。

さらに、肩甲骨の間を刺激できることもメリットのひとつ。肩甲骨から胸椎はストレスなどで硬直しやすい。すると胸郭の動きが悪くなって呼吸も浅くなりがちに。

カラダをひねることで肩甲骨の間の緊張をほぐせば、呼吸が楽になって胸も自然に開き、内臓の働きもアップする。もちろん、ストレスリリースの効果も期待できる。

1日1回、毎日続けることで姿勢や不調の改善、メンタルや内臓の機能が整ってくるのが実感できるはず。

●もうひとつの標的は呼吸に関わる前鋸筋。

肩甲骨と肋骨を繋ぐ前鋸筋は呼吸や肩こりに影響する筋肉。日常生活ではあまり意識されないため、固まりやすい。

[壁を背にしての「ひねり」が難しい人も安心して。次ページで、簡単バージョンを。]

1 3 4 5 6
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。