からだ

毎日続ければ変化を実感、背骨リセット。意識すべきは「胸椎」です。

  • 撮影/岩本慶三 文/石飛カノ モデル/北川リサ スタイリング/高島聖子 ヘアメイク/村田真弓 イラストレーション/宇和島太郎、松元まり子

[ひねる]

【胸椎をひねる簡単な方法もあります。】

( Step 1 )壁に正対して胸椎ひねり。

体が硬い、腰や肘に不安がある人は試してみよう。写真のように左の手で壁を押すようにすると、胸椎にひねりが入る。

壁から30~50cm程度離れて正対する。両方の手を胸の高さで開く。写真のように右足を壁に平行に、左足を45度程度に開く。体重をあずけるように壁に手をつき、左の手で壁を押す。反対側も同様に。

●片方の手で壁を押すだけで、あら不思議。

壁に近づいている側の手で壁を押した力は、壁にあずけた体重が抵抗になって、適度な負荷をかけつつ、胸椎を回転させる。

( Step 2 )膝が痛い人におすすめ。

(1)イスの角に浅く座る。

イスの角に浅く座る。正面に座るよりも、ひねり動作が浅くなるから、体をあまり動かしていない人にもおすすめの整体。

(2)上半身をひねる。

上半身をひねって両方の手でイスの背もたれをつかむ。腰はできるだけ動かさないように。

(3)顔を前に向ける。

2の姿勢から顔だけ前に向ける。胸椎にしっかりひねりが入る。3~5呼吸。逆も同様に。

石垣英俊

教えてくれたのは

石垣英俊 さん (いしがき・ひでとし)

鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師

静岡県出身。臨床家の父親に鍼灸治療を師事。体の痛みや不調に悩んでいる人へ、よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。神楽坂ホリスティック・クーラ(R)代表。著書多数。

『Dr.クロワッサン 痛みとコリをすっと消す、自分でできる整体』(2020年4月28日発行)より。

1 4 5 6
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。