からだ

毎日続ければ変化を実感、背骨リセット。意識すべきは「胸椎」です。

  • 撮影/岩本慶三 文/石飛カノ モデル/北川リサ スタイリング/高島聖子 ヘアメイク/村田真弓 イラストレーション/宇和島太郎、松元まり子

[ひねる]

【胸椎ひねりを続けると心身ともに楽になる】

(まず流れを見て動きを覚えよう)

いよいよ背骨リセットの要、胸椎ひねりです。壁があればどこででもできますし、最もおすすめする整体です。まずは、ひねってみてください。

( Step 1 )壁を背に両手を広げる

壁に背を向けて立つ。足は肩幅程度に広げて。壁から距離は30~50cmくらい。両方の手を胸の高さで広げる。
 ↓

( Step2)そのままひねる

両方の手を開いた姿勢のまま、ゆっくり上半身をひねっていく。足を写真のように、ひねる方向に向けると動きやすい。
 ↓

( Step 3)両手を壁につける

上半身を3分の2くらいひねって壁が見えてきたら、両方の手を壁につく。足の向きは2の位置をキープ。

( Step 4 )壁に体重をあずける

3の姿勢から腕を曲げ、体重をあずけるように壁に体を倒す。顔は横に向け、耳を壁に近づける。胸椎がしっかりひねられ、脇の筋肉の伸びを感じられるはず。

[次ページで、胸椎ひねりをおすすめする理由と、動作の流れを詳しく解説。]

1 2 3 4 5 6
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。