くらし

【肉編】複雑な工程はなし! まちがいなくおいしい川津幸子さんの新・100文字レシピ。

  • 撮影・青木和義 スタイリング・綾部恵美子

牛カルビとタンのねぎ塩風味

焼き肉屋さんだと網の下に落っこちてしまうねぎをたっぷり食べたくて考案。言わずもがなですが、お肉を焼くときは真剣に!

ねぎ1本はみじん切りにして塩小さじ1/4をまぶし、薄煙が立つくらい熱したごま油小さじ2をかける。焼き肉用牛タン・カルビ各200gは塩・こしょうをふり、グリルまたは網で香ばしく焼く。ねぎ塩を添え、レモンを搾る。

 

熱々のごま油を一気にジューッと。冷ややっこにのせても美味。

※レシピは原則的に4人分、電子レンジは500Wです。

川津幸子(かわつ・ゆきこ)●料理研究家。家庭料理のコツをわかりやすく解説する姿勢にファン多数。著書に『100文字レシピ』シリーズ、『あいうえおいしい。』『あの味が自分でできる くいしんぼレシピ』など。

『クロワッサン』969号より

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。