くらし

踊ることは「心のビタミン」、早見優さんがZUMBA(R)に夢中!

あの人の所作のしなやかさ、表情の晴れやかさはどこから?踊ることを習慣にする早見優さんが語る人生への効用とは?
  • 撮影・岩本慶三 ヘア&メイク・伊藤こうこ 文・松本あかね

言葉なしで盛り上がるダンスはグローバルなコミュニケーション!

腰にシャツをきゅっと巻いた“ZUMBA(R)ウェア”で、軽くステップを踏みながら、肩をシェイクしたり、腰を大きく回したり。コレオ(振り付け)を軽やかに決める姿に思わずこちらもウキウキ。そう、早見優さんは心からダンスが好きなのだ。

私にとって〝踊る〟とは?【心のビタミン】

15年ほど前にテレビ番組の企画で社交ダンスに挑戦したことがきっかけでダンスの面白さに開眼。この5年来はZUMBA(R)に熱中してきた。

「コロンビア出身の方が創始したエクササイズで、ラテンミュージックをメインに世界中の曲に合わせて踊ります。ダンスの要素が多いので、フィットネスというよりパーティで踊っているみたいに楽しい!」

K-POP用ウェアは原宿・竹下通りで購入。

その楽しさに救われた忘れられない経験も。「2017年に子宮筋腫の手術をしました。経過は良好でしたが術後の3カ月、運動を止められて。そうなって初めて、自分は体を動かすことが好きだと気がついたんです」

レッスンを配信したことで、より広い層へ届くことを実感。「何歳になっても筋肉をつけることが元気でいられる秘訣」という思いから、初心者や高齢者に指導できる資格も取得(右下がそのライセンス)。

晴れて療養が明け、参加したクラスの楽しかったこと!

「音楽に合わせて体を動かすとハッピー・ホルモンが分泌される気がしませんか? 特にZUMBA(R)はラテン系なので腰回りを動かすコレオも多く、そういうセクシーな動きも女性性に働きかけるのではないかと」

インストラクター資格に挑戦。対面レッスンはたちまち人気に。

世界最大のフィットネスインストラクター教育団体が発行するライセンスを持つ早見さん。「心拍数を徐々に上げたり、身体の可動域に負担のない動きから始めることが大切といったことを学びます」

もっと学びを深めたくてインストラクター資格を取得。クラスを開催するや広島や名古屋からの参加者も。緊急事態宣言発令以降はネット環境を整え、自宅ガレージから配信を始めた。

「生徒の皆さんが『優先生とこうして会うだけでうれしい』と言ってくださって。すごく元気づけられましたね」

そんな姿を見た娘たちの「ママ、ユーチューブチャンネル、始めたら?」というひと言から、初の個人チャンネルを開設。

「最近はK–POPのダンスも習い始めました。筋肉をつける“貯筋”の大切さとダンスの楽しさと、伝えたいことがいっぱい!」と瞳を輝かせる。

病気や災禍など、自分ではどうにもならない事態もいつの間にか乗り越えて次のステージへ。その軽やかさはまるでダンスのステップのよう。

コロナ禍以前は大規模なダンスイベントでインストラクターを務めたことも。ZUMBA(R)はノンバーバル(言葉を使用しない)がコンセプト。早見さんのコレオに会場全体がついていく、熱気と一体感がリアルの魅力だ。
早見 優

早見 優 さん (はやみ・ゆう)

歌手

音楽活動に加え、NHKカルチャー青山教室でワインセミナーを開催するなど多方面で活躍。YouTubeチャンネル『Yu Hayami’s Channel』を開設。

『クロワッサン』1061号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。