くらし

フラで心のエネルギーチャージ。フードスタイリスト・遠藤文香さんの踊る習慣。

あの人の所作のしなやかさ、表情の晴れやかさはどこから?踊ることを習慣にする遠藤文香さんが語る人生への効用とは?
  • 撮影・岩本慶三 文・松本あかね

フラは悲しいときもうれしいときも寄り添ってくれる。

体幹でじっくり踊る。中腰をキープし、ステップを踏み続けるさまは長距離走にも例えられるほど。 撮影協力・KILOHANA STUDIO(htt ps://www.kilohana-japan.com)

フラを始めて17年。7年前からはオアフ島生まれのマヘアラニ・ミカ・ヒラオ・ソレムさんのアシスタントを務め、レッスンや舞台のサポートを行う。

「フラは風、雲、太陽、樹木、自然を模して始まったもの」。まるで海からの風にそよぐようにたおやかな、遠藤さんのダンス。

5歳から81歳までの生徒たちのことを「ここでしか出会えなかった仲間たち」と遠藤文香さん。先月は、2年間来日できていないミカさんとオンライン上でクリスマスパーティを企画。「久しぶりに皆で踊りました。事前にミカ先生がオーダーしてくれた衣装が届いて、それを自分たちで直すのも『懐かしいね』って」、さながら学園祭のよう。

オアフ島で合宿したときに皆で作った「イプヘケ」という打楽器。大きな瓢箪を2つ上下に組み合わせる。「海の中で瓢箪を洗ったのもいい思い出」

「先生はあくまで一人、私の役割は『アラカイ』(ハワイ語で「導く」の意)という、学級委員長みたいな感じかな」

タヒチでの公演のため、ロサンゼルスのミカさんの家で30人分以上を作った思い出の衣装。「レイを1本ずつつなげて、深夜までかかりました」

フードスタイリストの仕事とフラ、両方あるからバランスがとれる。

フラがハワイの歴史や人々の生き方と結びついていることも学んだ。

「『フラを心の逃げ場にしていいからね』とミカ先生はよく言います。悲しいときもつらいときも、ハワイの音楽で踊るといつのまにか心がリラックスできる。仕事を続けていくのと同じように、フラもおばあちゃんになってもずっと続けていきたいと思っています」

オンラインのクリスマスパーティのために久しぶりにチームが集合!「最年少は14歳。若くてどんどん体も動くから、ついていかなきゃと」
遠藤文香

遠藤文香 さん (えんどう・ふみか)

フードスタイリスト

書籍・雑誌を中心にフードスタイリングで活躍。東京・蒲田にあるキロハナ・スタジオではフラのアシスタントを務め、レッスンも受け持つ。

『クロワッサン』1061号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。