facebook instagram twitter youtube
ファッション

早見優さんが挑戦!
旬の小物やシルエットで“こなれた”着こなし。

「タイトスカートにヒール、が定番」という早見優さん。トレンドの小物やシルエットを取り入れて、おしゃれカジュアルスタイルに。
  • 撮影・中川真人(3rd) ヘア・ASASHI(太田事務所) メイク・山下小百合(3rd) 文・河野友紀 協力・スタジオ バスティーユ

80年代のアイドルシーンに、焼けた肌とスポーティーな魅力を振りまき登場した、早見優さん。ハワイ育ちというプロフィールのせいか、どこか大人びた雰囲気があり、瞬く間にトップアイドルに。そんな10代の頃から、かわいらしさよりかっこよさを感じるファッションが好きだったそう。

「私がファッションに興味を持ち始めたのは、’80年代。映画『フラッシュダンス』に出てくる女優のような、セクシーなスポーツスタイルや、日本で流行った肩パッドが入ったボディコンのワンピースにハイヒールも履きました。常に意識していたことは、ハイヒールを使って脚を長く見せたり、ピタッとした服でメリハリを作るなど、体を美しく見せるということ。その時代の名残があるのか、今でも靴を選ぶとなると、ついついハイヒールに手が伸びてしまうんです」

普段は落ち着いた色みの、少しクールな印象の服装が多い。体にぴたっと寄り添うような服が好きで、よく身につけるのはレザーのアイテム。

「10代の頃からレザーは好きで、タイトスカートにジャケットにと、たくさん持っています。日本では年中活躍するわけではないですが、例えば海外に行くと、一日の中で気温が大きく変わることも多く、一枚あると意外に重宝するんですよ」

とはいえ、時代とともにファッションの流行も変わるもの。気がつくと、どことなく一昔前のバランスで服を着ていると感じることも多々あるとか。

「特に最近、スニーカーが流行っていることもあり、私もカジュアルな着こなしに挑戦してみたいと思うんです。娘と買い物に行ったときに、思い切って私もスニーカーを買ってみたんですが……。家に帰ってきてデニムやシャツと合わせてみたら、おしゃれとは程遠い、普通のアメリカの子どものような感じになってしまって。夫と近所にランチに出かけるときや、娘とコンサートに行くときなどに着られる、適度に力が抜けた、おしゃれなカジュアルスタイルが知りたいです」

「ついついタイトスカートにヒールというスタイルに落ち着きがち」と早見さん。

その悩みを受け、スタイリストの野崎美穂さんが早見さんに提案したのは、ワイドパンツに白いスニーカー、そしてトップスは、とろみのある素材が素敵なブラウスのコーディネート。「最も私と遠いところにあるスタイルですが、まさに理想のカジュアル!」と、早見さん。

ワイドパンツはマットな質感の厚地のコットンリネン。トップスは光沢感があるやわらかい素材を合わせて、質感に変化をもたせた。

「袖をめくったり、胸元のボタンを開けたりしてバランスを調節。歳を重ねて成熟した女性ならではの、手首や鎖骨の骨の美しさは、カジュアルな中にも大人の魅力を際立たせます」(スタイリスト・野崎さん)

そして足元は、念願のスニーカー。丈の長いワイドパンツにぺたんこ靴というバランスは、早見さんの中では〝ありえない組み合わせ〟だった。

「早見さんは〝私だったら絶対ヒールを選んでしまう〟とおっしゃってましたが、スニーカーにすることで、今のバランスが作れます。足首が見えないほうがおしゃれなので、ぜひハイカットを選んで。もちろんコンバースのような布のスニーカーでもよいのですが、レザーを選ぶことで、よりコーディネートが締まるという効果もあります。履きなれない人は、白を選ぶと間違いがないでしょう」(野崎さん)

また、手に持った小ぶりなクラッチバッグもよいアクセント。

「普段荷物が多い私にとって、こういうバッグは憧れでした」(早見さん)

「大きな荷物は、さりげない布バッグに入れ、〝これはコーディネートとは関係ない、荷物です〟という風情にするのがコツです」(野崎さん)

Aラインブラウス1万7000円(ボー ルジィ☎︎0120・983・511) ワイ ドパンツ2万6000円(デ・プレ/デ ・プレ 丸の内店☎︎0120・983・533) チェーンバッグ2万1000円(ディーゼル/ディーゼル ジャパン☎︎0120・55・1978) レザースニーカー7万5000円(ゴールデン グース デラックス ブランド/ゴール デン グース デラックス ブランド 青山☎︎03・3486・8860)

苦手だった色みも、上質な素材で攻略!

Tシャツ8,500円(モンロー)、パン ツ3万5000円(メイド ゴールド/ 共にヤマツゥ☎︎03・6452・3881) ジレ3万2000円(バイマイティ http://www.bymity.com) バン グル1万3000円(ジェニーバード /デ・プレ 丸の内店) 帽子1万80 00円(カテリーナ ベルティーニ)、 パンプス2万2000円(メダ/共に モード・エ・ジャコモ☎︎03・5730・ 2061)

早見さんを長く悩ませているアイテムの一つが、帽子。

「私の中で、帽子を上手にかぶれる人こそおしゃれな人だという印象があって。憧れていくつも買うんですが、使いこなせず、結局タンスの肥やし状態になってしまいます」(早見さん)

そこで野崎さんは、ホワイトデニムに白いTシャツ、そこにベージュの麻のジレを重ね、グレーのハットを合わせたスタイルを提案。実は早見さん、色の中ではベージュが最も苦手な色だそうで……。

「ベージュと白なんて今まで組み合わせたこともない。一番似合わない色だと思ってたんですが、裾のドレープ、麻の素材、ハットのリボンの光沢など、ディテールの一つ一つがエレガント。私が憧れる大人の女性像という感じです。足元のヒールがパイソン柄なところは、バブル世代の私にはすごくうれしいポイント(笑)」(早見さん)

「早見さんは髪の色が暗めなので、方で、ピンクベージュも、早見さんの肌には実はすごくお似合い。特に濃い系のピンクベージュは、テラコッタ色の焼けた肌を引き立ててくれます」(野崎さん)

今回は、とろみのある素材を使ったノースリーブとパンツのセットアップをチョイス。それをもう長年愛用している私物のレザージャケットと合わせてコーディネート。

レザージャケット 本人私物 ノー スリーブセットアップ2万9000円 (トロワズィエムチャコ/アプレド ゥマン☎︎03・6274・8533) チェーンバングル2万8000円(ジュエッテ☎︎0120・10・6616) グラデ ィエーターサンダル1万9000円 (ルサルカ/エルピーディー☎︎03・ 3479・0551)

「ハードなイメージがあるレザージャケットも、柔らかい素材や優しい色のアイテムと合わせて、新しい魅力が見つかりました。こういう甘辛な組み合わせ、素敵ですね」(早見さん)

また、若いときからヒップが大きいことがコンプレックスだったそうで、今でも気をつけている箇所。

「この服は、トップスは裾に軽くドレープがあり、ボトムスはお腹周辺に布を折りたたむようなデザインがほどこされていて、その2つが、腰回りをカバーしてくれます」(野崎さん)

「肌色系は膨張色だと思っていたので、特にボトムスでは避けていました。でも着てみると、驚くほど気にならない!苦手だと思う色も、デザインや素材を選べば着られるということがわかり、勉強になりました」(早見さん)

『クロワッサン』945号より

●早見優さん 歌手、タレント/手、タレント。昨年発売された、藤井隆さんプロデュースによるミニアルバム、『デリカシー・オブ・ラブ』(スレンダリー レコード)が好評。

tags
早見優
文字サイズ