くらし

小泉武夫さんのアラ談義をもとに、料理人がお手軽アラ料理を再現。

  • 撮影・青木和義(小泉さん)、谷 直樹(料理) スタイリング・高島聖子 文・嶌 陽子

いわしのなめろう

いわしを3枚におろし、中骨と頭、尾は取り除く。小骨はそのままでOK。味噌、香味野菜(大葉、みょうが、ねぎ、あさつきなど)と一緒にいわしを包丁でたたく。仕上げに生姜の搾り汁を少量加える。いわしのほか、アジを使ってもよい。たたいたものを大葉で挟んでごま油で両面を焼いた「さんが焼き」も小泉さんのお気に入り。

鮪中落ち納豆和え

『骨まで愛して』に登場する料理のひとつ。鮪の中落ち肉をひきわり納豆、練りがらし、醤油(好みで卵黄とねぎも)で和えて器に盛り、刻み海苔もしくはもみ海苔をかけて完成。「濃厚でマイルドなうま味と滑るような舌触りがあり、身も心も蕩けてしまいそうになる」(『骨まで愛して』より)

高級粗酒

大きめの盃にこのわたをほんの少量入れ、熱燗を注ぐ。「これは本当にうまい。酒客、食通にはもってこいのおもてなしです」と小泉さん。

『クロワッサン』1009号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。