くらし

ぶりの照り焼き【是友麻希さんのレシピ】

毎日食べる煮付けや焼き物。これまで自己流で作ってきた、苦手で避けてきた、そんな人はいませんか。いつもの一品を、我が家の自慢料理にしましょう。
  • 撮影・青木和義 文・一澤ひらり

焼いた後、熱湯をかけるのが隠し技。

「ぶりに片栗粉をまぶすとタレがからみやすく、ごま油で焼くと香ばしさが出ます。両面を焼いてから熱湯をジャーッとかけると余分な脂と臭みが落とせ、余熱でふっくら仕上がります」

あとは熱湯を捨てて、タレを入れて煮からめればいい。

「すでに半分ほど火が通っているので、煮る必要はありません。照りよく仕上がり、あっさりと上品な味わいになります」

【材料(2人分)】
ぶりの切り身2切れ、塩少々、片栗粉少々、ごま油少々、A[酒大さじ1、砂糖小さじ1、醤油大さじ1、みりん大さじ1]、ししとう4本

1.ぶりは塩を薄く振って、10分くらい置いておく。
2.ぶりから出た水分をキッチンペーパーでしっかり拭き取る。
3.ぶりに片栗粉をまんべんなくつけ、フライパンにごま油を入れて熱し、片面1分ずつ中火で焼く。
4.【ポイント】ひたひたの量の熱湯をかける。
5.熱湯をすべて捨て、Aとししとうを入れて、煮からめる。

[ほかにもこんな魚で、 つややかな照り焼き。]

鮭、さば、めかじきなどの、脂がのった魚が、照り焼きに向いていておいしい。

是友麻希(これとも・まき)さん●魚料理研究家。東京・丸の内で魚と発酵の飲食店『にっぽんのひとさら』を経営。「一般社団法人 さかなの学校」を設立、魚料理の楽しさを伝えている。

『クロワッサン』1009号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。