くらし

誰もが気軽に楽しめる! 落語入門Q&A。

  • 撮影・岩本慶三、中島慶子 文・一澤ひらり

Q.この秋おすすめの落語会は?

A.真打昇進襲名披露興行は楽しめます。

2016年に行われた林家たけ平の真打昇進披露口上。左から順に、司会の木久蔵、たけ平、師匠の正蔵、たい平が高座に並ぶ。(撮影協力・夢空間 撮影・武藤奈緒美)

9月21日から11月にかけて、落語協会と落語芸術協会の真打昇進披露興行がそれぞれの寄席で行われる。

「理事と一門の師匠方が一堂に会するので、ふだんの寄席では揃わない豪華な顔ぶれとなります。特に口上は見もの。協会の会長のご挨拶や三本締めなどお祝いムードに包まれます」

真打になると「師匠」と呼ばれ、寄席でトリがとれて弟子も持てるようになるから、まさに別格の扱い。

「それだけに真打の門出を祝う興行は華やかで魅力満点。とっておきですよ」

落語家の真打までの歩み

前座見習い

前 座

二ツ目

真 打

注目すべき、新真打ずらり

【落語協会】写真右から、柳家権之助、古今亭ぎん志、柳家わさび、柳家小志んが真打に。9月下席(21〜30日)鈴本演芸場夜の部を皮切りに、11月上席(1〜10日)国立演芸場まで。問い合わせ:落語協会 TEL.03-3833-8565 撮影・武藤奈緒美
【落語芸術協会】柳亭小痴楽(柳亭楽輔門下)が真打に昇進。9月下席(21〜30日)新宿末廣亭夜の部を皮切りに、11月中席(11〜20日)国立演芸場まで。問い合わせ:落語芸術協会 TEL.03-5909-3080(撮影協力・渋谷らくご 撮影・武藤奈緒美)

『クロワッサン』1005号より

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。