からだ

比嘉一雄さんに教わる内ももの動的ストレッチ

筋肉を使いながら伸ばす動的ストレッチで、軽やかな身体に。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・白男川清美 ヘア&メイク・武田尚子(メランジ) モデル・東 麻美 イラストレーション・川野郁代 文・板倉ミキコ

【内もも】内転筋をしっかり動かして、 足の内側と外側のアンバランスを改善。

 

内転筋

骨盤を支え、股関節を安定させる働きを担うのが内ももの内転筋。
「両膝を長時間くっつけていられない人やO脚やX脚の人は、内転筋が硬く、重心が下半身の外側のみに偏っている可能性があります。結果、足の外と内の筋力がアンバランスになってしまうので、血流が悪化し足のむくみをもたらします。内転筋をしなやかにして改善しましょう」

(1)仰向けになり、両膝を揃えて立てる。床に近づくよう勢いよく外側に倒す。膝は無理して床につけようとしない。
(2)股関節が硬い人はかかとと股関節の距離を調整。足を倒した反動で1の状態に戻す。足を倒す、戻す動きを10回繰り返す。
(1)仰向けになり、両膝を揃えて立てる。床に近づくよう勢いよく外側に倒す。膝は無理して床につけようとしない。
(2)股関節が硬い人はかかとと股関節の距離を調整。足を倒した反動で1の状態に戻す。足を倒す、戻す動きを10回繰り返す。

【動画】動的ストレッチ【内もも・内転筋】

比嘉一雄(ひが・かずお)●パーソナルトレーナー。「CALADA LAB.」代表。科学的エビデンスを基にメソッドを考案。著書に『驚くほど伸びる動的ストレッチ』(池田書店)が。

『クロワッサン』967号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE