比嘉一雄さんに教わる肩の動的ストレッチ | からだにいいこと | クロワッサン オンライン
からだ

比嘉一雄さんに教わる肩の動的ストレッチ

筋肉を使いながら伸ばす動的ストレッチで、軽やかな身体に。
  • 撮影・青木和義 スタイリング・白男川清美 ヘア&メイク・武田尚子(メランジ) モデル・東 麻美 イラストレーション・川野郁代 文・板倉ミキコ

【肩】肩周りの筋肉を活性化させれば、両腕が軽くなり、肩こりも解消。

 

三角筋

肩周りの動きを担っているのが、肩を覆う表層部にある三角筋。
「でも、日常生活では肩関節を大きく動かす機会が少ないので、筋肉が硬くなり、肩こりなどに悩まされる人が多くなります。肩の動きを良くする動きで、血流が促進され肩こり改善にもつながりますよ」
両手を内外にひねりながら、交互にテンポよく上げ下げを繰り返して。

(1)背筋をまっすぐにして、両足を腰幅に開いて立ち、その姿勢から両腕を水平に伸ばす。
(2)右手を外側にひねりながら上げ、左手を内側にひねりつつ下げる。手をひねりきる瞬間に、軽く反動がつくように胸を張る。
(3)2の動きと上下左右逆の動きを交互に20回繰り返す。胸の筋肉がバウンドするイメージでテンポよく上げ下げしよう。
両腕を上げ下げする動きにつられて、頭や上半身の位置がぶれてしまうと、左右の筋肉の伸びに偏りが出る。腕以外は動かさないように。
(1)背筋をまっすぐにして、両足を腰幅に開いて立ち、その姿勢から両腕を水平に伸ばす。
(2)右手を外側にひねりながら上げ、左手を内側にひねりつつ下げる。手をひねりきる瞬間に、軽く反動がつくように胸を張る。
(3)2の動きと上下左右逆の動きを交互に20回繰り返す。胸の筋肉がバウンドするイメージでテンポよく上げ下げしよう。
両腕を上げ下げする動きにつられて、頭や上半身の位置がぶれてしまうと、左右の筋肉の伸びに偏りが出る。腕以外は動かさないように。

【動画】動的ストレッチ【肩・三角筋】

比嘉一雄(ひが・かずお)●パーソナルトレーナー。「CALADA LAB.」代表。科学的エビデンスを基にメソッドを考案。著書に『驚くほど伸びる動的ストレッチ』(池田書店)が。

『クロワッサン』967号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE