からだ

Vol.3 乳房が痛みますが、乳がんの可能性は?【40歳からのからだ塾WEB版】

文・及川夕子 イラストレーション・小迎裕美子

新連載・40代からのからだ塾では、更年期世代(40〜50代)の女性に起こりがちな症状について、原因や対処法をお伝えしていきます。更年期まっただ中にいるライター及川が、医師や専門家に根掘り葉掘り。知っておきたい検査の情報やスクリーニングの考え方なども紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!

こんにちは。ライターの及川です。
40代、乳がんの好発年齢ということで、私の場合、2年に一度のマンモグラフィー(住民検診)は欠かさず受けるようにしています。本当は毎年受けなきゃと思っているところです。
マンモグラフィー検査は圧迫されるのがちょっと嫌ですけれど、大事な体を守るためと思えば、我慢できる痛みです。それよりも胃カメラ検査の方が苦手です〜。

ところで皆さんは、生理前などに乳房が痛くなることはありますか?
日本女性の乳がんの発症率は、現在12人に1人。発症率は年々上がっていますし、痛みがあると「もしかして……、がん?」と不安になりますよね。
そこで今回は、「乳房が痛いときどうする?」がテーマです。

乳房痛の多くは、ホルモンの変動が原因!?

クロワッサン本誌でもお伝えしましたが、「ホルモンが変動すると、乳房に痛みが出ることがある」ことをまずは知っておきましょう。私は、チクチクしたり、ズーンと感じたり、その時々で違いますが、やはり生理周期と関係している実感はあります。

毎月生理があれば、生理前に痛くなるなど、わかりやすいのですが。
専門医の土井卓子先生によると、生理周期が乱れてくる更年期には、数ヵ月ごとに痛くなったりすることもあるそうです。
また、60代、70代でも乳房痛が出ることはあるそうなんですね。
よくある症状だからこそ、正しい知識を持っておきたいですね。

乳がんが原因で痛みが出るということはあまりないそうで、多くの場合は心配ないとのことですが、見分けるポイントとしては次のようになります。

乳がんかどうか、見分けるポイント

乳がんの可能性が低いのは……
  • 肩こりにつながるような痛みv
  • わきが痛いように感じる
  • なんとなく重苦しい痛み
  • ずっとではなく、そのうち忘れてしまう痛み
  • 鎮痛剤が効かない
乳がんの可能性を疑う痛みとは……
  • 炎症を起こしていて激痛が走るような痛み
  • 特定の部位がずっと痛い


どうでしょう? どちらに当てはまりますか?
いずれにせよ、思い悩むくらいなら検診をきちんと受けておくべきですね。
それから自己触診も大事です。
乳がんを発見した人の多くが、自分で異常に気づき病院を受診しているという現実があります。

まとめです。

乳房が痛いときは、冷静になって、どんな痛みか確かめましょう。

そのうち忘れてしまう痛み、鎮痛剤が効かないような痛みは、乳がんの可能性は低いとのことです。

40代は乳がん好発年齢です。異常がなくても検診を受けて。できれば毎年。

授乳経験のない女性では乳腺の密度が高い人が多く(デンスブレストといいます)、マンモグラフィーでは、がんが見つかりにくい場合があります。
マンモに超音波(エコー)検査の併用が推奨されています。

ただ、公的検診(住民検診)では、40歳以上、2年に1度のマンモしかカバーされていません。職場検診や住民検診でカバーされない分は自費でプラスして、毎年受けることが、やはり理想だそうです。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE