暮らしに役立つ、知恵がある。

 

鶏団子と野菜の黒酢スープ【有賀薫さんの腸活レシピ】

腸内の環境を健やかにする発酵食、消化吸収を助けて善玉菌の栄養源になる食物繊維。
その2つを同時にとれるスープで、腸を元気に。

撮影・黒川ひろみ 文・一澤ひらり

鶏団子と野菜の黒酢スープ

鶏団子と野菜の黒酢スープ【有賀薫さんの腸活レシピ】
ひき肉を野菜の上に置くようにのせ、蒸し煮する。
ひき肉を野菜の上に置くようにのせ、蒸し煮する。
鶏団子と野菜の黒酢スープ【有賀薫さんの腸活レシピ】
鶏団子と野菜の黒酢スープ【有賀薫さんの腸活レシピ】
ひき肉を野菜の上に置くようにのせ、蒸し煮する。
鶏団子と野菜の黒酢スープ【有賀薫さんの腸活レシピ】

腸の動きを活発にして、便秘解消にもひと役。

「ひき肉はパックから直接小さくすくって野菜の上にのせ、まず蒸し煮をします。これならつなぎを入れなくても鶏団子になるので作りやすいです」。酢に含まれる酢酸は腸内を弱酸性に保ち、ごぼうは食物繊維が豊富で腸内細菌のよいエサに。

【材料(2人分)】
鶏ももひき肉 100g
ごぼう 100g(1/2本)
長ねぎ 2/3本
しいたけ 2枚
チンゲンサイ 1/2株
水 600ml
塩 小さじ2/3
黒酢 大さじ1~2(普通の酢でもOK)
しょうゆ 少々

【作り方】
1.ごぼうは洗って小さめの乱切りにする。長ねぎは白い部分を1.5cm幅ぐらいに切る。しいたけは石づきを取ってさいの目に切る。
2.鍋にごぼう、長ねぎ、しいたけの順に入れ、全体を平らにならし、ひき肉を小さじ1ずつすくってくっつかないようにのせる。水100mlを加えてふたをし、中火で5分蒸し煮する。
3.ふたを開け、残りの水と塩を加えて沸騰したら5分ほど煮る。
4.3cm幅に切ったチンゲンサイを加えて1〜2分煮る。酢を入れて混ぜ合わせ、しょうゆで味を調える。

  • 有賀 薫

    有賀 薫 さん (ありが・かおる)

    スープ作家

    シンプルで滋養のあるおいしいスープに定評がある。『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)で第7回料理レシピ本大賞入賞。

『クロワッサン』1098号より

  1. HOME
  2. からだ
  3. 鶏団子と野菜の黒酢スープ【有賀薫さんの腸活レシピ】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載