暮らしに役立つ、知恵がある。

 

トマトリゾット【胆汁酸ダイエット・インディカ米やみつきレシピ】

新しい胆汁酸をどんどん作って体脂肪を燃やす胆汁酸ダイエットに良い、簡単でおいしいレシピを紹介します。
挫折しない一番の秘訣は、繰り返し作りたいお気に入りを増やすことです。
やせるだけでなく、体調もよくなるのを実感してください。

撮影◦青木和義 文◦韮澤恵理 料理◦落合貴子

トマトリゾット

トマトリゾット【胆汁酸ダイエット・インディカ米やみつきレシピ】

【材料(2人分)】
炊いた長粒米 …… 160g
トマトジュース …… 200ml
ソーセージ …… 4本
玉ねぎ …… 1/4個
チキンスープの素 …… 大さじ1/2
オリーブ油 …… 大さじ1/2
粉チーズ …… 適量
パセリ …… 適量

【作り方】
1.ソーセージは斜め薄切りに、玉ねぎはみじん切りにする。
2.鍋にオリーブ油を熱して玉ねぎを炒め、しんなりしたらソーセージを加えてさっと炒める。トマトジュース、スープの素、水200mlを加え、沸騰したら長粒米を加えて2~3分煮る。
3.器に盛り、粉チーズとパセリのみじん切りを散らす。

【長粒米(インディカ米)】パラリとした食感を生かして食べることが ポイント。

【炊き方】
炊飯器でも炊けるけれど、香りも味も格段にアップする上に、面倒な計量がいらないから、ゆでるほうが断然おすすめ。湯をきったらすぐに温かい鍋に戻して蓋をして蒸らすのがポイントです。鍋は蓋付きならなんでも大丈夫。

1.米1カップに対して2Lの湯を沸かす。沸騰したら米を入れて8分ほどゆでる。途中、鍋の底から混ぜるようにし、米がくっつくのを防ぐ。
1.米1カップに対して2Lの湯を沸かす。沸騰したら米を入れて8分ほどゆでる。途中、鍋の底から混ぜるようにし、米がくっつくのを防ぐ。
2.ゆであがったらざるにあげ、しっかりと湯をきり、再び鍋に戻す。
2.ゆであがったらざるにあげ、しっかりと湯をきり、再び鍋に戻す。
3.蓋をして、余熱で10分ほど蒸らす。
3.蓋をして、余熱で10分ほど蒸らす。
(保存法)まとめて保存容器に入れて冷蔵庫へ。パラパラとしているので、小分けにしなくてよい。炊いた長粒米を使うレシピでは、温めず、冷たいまま使ってよい。
(保存法)まとめて保存容器に入れて冷蔵庫へ。パラパラとしているので、小分けにしなくてよい。炊いた長粒米を使うレシピでは、温めず、冷たいまま使ってよい。
1.米1カップに対して2Lの湯を沸かす。沸騰したら米を入れて8分ほどゆでる。途中、鍋の底から混ぜるようにし、米がくっつくのを防ぐ。
2.ゆであがったらざるにあげ、しっかりと湯をきり、再び鍋に戻す。
3.蓋をして、余熱で10分ほど蒸らす。
(保存法)まとめて保存容器に入れて冷蔵庫へ。パラパラとしているので、小分けにしなくてよい。炊いた長粒米を使うレシピでは、温めず、冷たいまま使ってよい。

長続きのポイントはまとめて炊いて冷蔵保存。

長粒米は私たちが普段食べているジャポニカ米よりパサッとして、粘りや甘味が少ないのが特徴。その分、吸収される糖も少なくて、腸で食物繊維のように善玉菌を応援します。

パサッとした食感を逆手にとって、チャーハンなどに活用するのがおすすめ。長粒米を使って作る本場のレシピにチャレンジしてみるのもいいでしょう。家ではできない……と思っていたリゾットやパエリア、チキンライスも意外に簡単です。

炊いた米を一つの食材として使うとバリエーションが広がります。

こんなにある長粒米。

日本では米といえばジャポニカ米ですが、世界ではパラリとして香りがある長粒米が主流。ゆでる、蒸す、煮るなど、調理法も幅広く、タイ産、インド産のほか国産も流通しています。インドのバスマティライスはとくに細長くて香りがいい。

タイの香り米
タイの香り米
国産のインディカ米
国産のインディカ米
インドのバスマティライス
インドのバスマティライス
ジャポニカ米(日本米)
ジャポニカ米(日本米)
タイの香り米
国産のインディカ米
インドのバスマティライス
ジャポニカ米(日本米)

胆汁酸ダイエットとは

トマトリゾット【胆汁酸ダイエット・インディカ米やみつきレシピ】

おすすめの5つの食材をしっかり食べて新鮮な胆汁酸を増やし、脂肪細胞を直接刺激して燃える体を作る胆汁酸ダイエットは、慶應義塾大学政策・メディア研究科 教授の渡辺光博さんが発案したメソッド。

「胆汁は、肝臓で作られて、胆たん嚢のうに蓄えられ、人が食事をすると、消化を助けるために分泌される消化液です。とくに脂質を乳化して小腸から吸収しやすくするのが胆汁の役割。その主成分が胆汁酸なのです」(渡辺さん)

胆汁酸ダイエットを成功に導く5つの食材

【杜仲茶】
アスペルロシドの働きで再吸収を抑え新しい胆汁酸を作る(3gの茶葉を煮出して1日1リットル)

【長粒米(インディカ米)】
難消化な高アミロースで食物繊維のように働く(1週間に2回、1回150g)

【もち麦】
β-グルカンが腸を掃除、血糖値も上げにくい優等生(1週間に3〜5日、ごはんなら150g、フレークなら50g)

【納豆】
粘りは食物繊維フルクタン。大豆は消化のいいたんぱく質(毎日に1〜2パック)

【海苔】
良質な食物繊維が腸を掃除。ポルフィランが胆汁の劣化防止(毎日全型2枚)

  • 落合貴子

    レシピ考案

    落合貴子 さん (おちあい・たかこ)

    栄養士、フードコーディネーター

    自然食品メーカーでの栄養カウンセリング、料理研究家のアシスタントを経てフードコーディネーターに。体によい食材をおいしくて簡単なレシピにするテクニックに定評がある。テレビや書籍、雑誌を中心に活躍中。
    ※プロフィールは雑誌掲載時の情報です。

  • 渡辺光博

    監修

    渡辺光博 さん (わたなべ・みつひろ)

    慶應義塾大学 政策・メディア研究科教授 医学部、環境情報学部教授 ヘルスサイエンスラボ代表

    東北大学遺伝子実験施設 博士前期課程修了後、フランス国立ルイ・パスツール大学分子生物学科博士課程卒業。2006年イギリスの科学誌『ネイチャー』に「胆汁酸の調整で肥満と糖尿病が改善」を発表。テレビや講演などで広く活躍。
    ※プロフィールは雑誌掲載時の情報です。

『Dr.クロワッサン おなかが凹む胆汁酸ダイエット。』(2021年4月13日発売)より。

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. からだ
  3. トマトリゾット【胆汁酸ダイエット・インディカ米やみつきレシピ】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載