からだ

性的な相手として見られたくない【「更年期世代の性」よろず相談室】

いつまでするのか、しないのか。揺らぎやすい更年期世代の「性」について、何となく不安を抱えたまま過ごしている人も多いはず。
そんな読者の悩みを通して、ときには真面目に、そして赤裸々に、これからの「性」との向き合い方について考えてみよう。
回答してくれたのは、産婦人科医の宋美玄さん、漫画家の槇村さとるさんです。
  • イラストレーション・山口正児 構成&文・オカモトノブコ

(お悩み)したくないレス

40代を過ぎてから、夫から性的な相手として見られることに嫌悪感を抱くようになりました。あまり長く間が空くと、もう戻れませんか?
女性は何歳まで、こうした話に付き合うべきなのでしょうか? (京都府 団体職員 55歳)

槇村さん 奥ゆかしい道徳観が根強い世代のせいか、性の問題をどこか人ごとのように捉えて、ひとりで元気をなくしているように思えます。
枯れていようが熟していようが、決めるのは自分自身。婚姻という制度に義理を通して、夫を立てなきゃと悩む必要なんてありません。
もし夫のことを気遣うなら、晴れた日の空の下、できるだけ明るく元気に、そんな自分の率直な思いを打ち明けてみてはどうでしょうか。

宋さん 一般的に、女性のほうが性欲は低いもの。性行為をしなくなっても、健康上の害は一切ありません。夫は悶悶とするかもしれませんが、必ずしも人生のパートナー=性的なパートナーである必要もなく、レスでも夫婦関係が平和なら問題ないのでは? 
ちなみにブランクが長くても再開したケースはありますし、ホルモン補充療法の助けを借りる手もある。要は、自分がしたいかどうかに尽きると思います。

セックスについて、必要だと思いますか?

必要と「思う」人は少数派という結果に。また、各グループ内のセックスレスは7割以上(「分からない」のみ5割)にのぼり、「思わない」回答者のレス歴は10年以上というケースが多数を占めた。

【更年期世代に アンケート】45~60歳の女性(既婚・未婚)55人を対象に、編集部による独自調査を実施。
槇村さとる

槇村さとる さん (まきむら・さとる)

漫画家

性科学者のキム・ミョンガン氏をパートナーに持ち、著作には『ホルモンがわかると一生楽しい』(KADOKAWA)などエッセイも多数。

宋美玄

宋美玄 さん (ソン・ミヒョン)

産婦人科医

丸の内の森レディースクリニック院長。『女医が教える本当に気持ちいいセックス』(ブックマン社)など女性の性の積極的な啓発活動を行う。

『クロワッサン』1070号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。