からだ

性欲が減少してきました【「更年期世代の性」よろず相談室】

いつまでするのか、しないのか。揺らぎやすい更年期世代の「性」について、何となく不安を抱えたまま過ごしている人も多いはず。
そんな読者の悩みを通して、ときには真面目に、そして赤裸々に、これからの「性」との向き合い方について考えてみよう。
回答してくれたのは、産婦人科医の宋美玄さん、漫画家の槇村さとるさんです。
  • イラストレーション・山口正児 構成&文・オカモトノブコ

(お悩み)性欲の減少

以前は好きだった、性的なことへの興味が薄れてきたことが寂しいです。ときどき無性に人肌が恋しくなりますが、相手もいないのでこのままだと、女性ホルモンがますます減ってしまいそう……。(東京都 会社員 50歳)

宋さん まずお伝えしたいのが、性的な行為の回数や満足度が低下すると、女性ホルモンが減ってしまうと誤解する人が多いということ。更年期に性欲が低下するのも、ごくごく自然なことです。女性の多くは「ホルモンが出ない」→「枯れる」→「女でなくなる」というプレッシャーを抱えてしまいがちですが、年齢を重ねても女性であることに変わりはなく、それをみじめに感じたりするのはナンセンス。どうか、更年期のネガティブなイメージに振り回されすぎないようにしてくださいね。

槇村さん 更年期になると、心身にさまざまな不安が現れるのは自然なことですよね。自律神経も不安定になるこの時期、気持ちだけで立て直すのは簡単なことじゃない。まずは女性ホルモンのお手当てで、体を元気にしていくのが近道だと思います。ペットの温もりに癒やされるのも、人肌が恋しいときにはすごくおすすめ。体調がよくなれば、気持ちも、おしゃれのモチベーションも自然と上がります。50歳なんてまだまだ若いし、出会いのチャンスもある。人生、楽しむのはこれからです!

「性欲」について、 以前と変わってきたことはありますか?

回答にかかわらず、目立つのは「年齢とともに興味がなくなってきた」という声。出産や婦人科系の病気、夫の単身赴任など、日常生活の変化がきっかけになったというケースも。

変わってきた平均年齢 → 41.75歳

【更年期世代に アンケート】45~60歳の女性(既婚・未婚)55人を対象に、編集部による独自調査を実施。

ひとりですることはありますか?

設問全般を通して、性に対して淡泊な人が多い模様が浮き彫りとなった今回のアンケート。ただし「性欲の変化」と「ひとりH」の相関関係は見られず、あくまで個人差が大きいことがうかがえる。

槇村さとる

槇村さとる さん (まきむら・さとる)

漫画家

性科学者のキム・ミョンガン氏をパートナーに持ち、著作には『ホルモンがわかると一生楽しい』(KADOKAWA)などエッセイも多数。

宋美玄

宋美玄 さん (ソン・ミヒョン)

産婦人科医

丸の内の森レディースクリニック院長。『女医が教える本当に気持ちいいセックス』(ブックマン社)など女性の性の積極的な啓発活動を行う。

『クロワッサン』1070号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。