からだ

一人で満足して終わる夫、ギャップを埋めるには?【「更年期世代の性」よろず相談室】

いつまでするのか、しないのか。揺らぎやすい更年期世代の「性」について、何となく不安を抱えたまま過ごしている人も多いはず。
そんな読者の悩みを通して、ときには真面目に、そして赤裸々に、これからの「性」との向き合い方について考えてみよう。
回答してくれたのは、産婦人科医の宋美玄さん、漫画家の槇村さとるさんです。
  • イラストレーション・山口正児 構成&文・オカモトノブコ

(お悩み)性欲のギャップ

今でも旺盛な夫は、愛撫もそこそこに一人で満足して終わり。私は感じないので不公平だし、もう自分は卒業したいと言うのも、夫のことを考えると難しいです。うまく折り合いをつける方法はありますか? (長野県 会社員 53歳)

槇村さん いきなり「卒業」となれば相手は驚いて傷つくでしょうし、ここは「不公平」を強く主張してみてはどうでしょうか。
子どもっぽく甘えたり、書き置きするなど手段は何でもいいのですが、このままでは満足していると誤解されたまま、何も変わりません。
彼の性格にもよるでしょうが、パートナーが感じてみたいと真剣にお願いすれば、普通は叶えてあげたいと思うもの。
行為の最中には、どこを・どうしてほしいかを具体的に伝えることが大切です。女性にとって気持ちいいセックスは、本音を言える、安心できる関係があってこそ成り立つのですから。

宋さん 頻度を減らしたいなら“ヒリヒリする”“感じにくくなった”といった、更年期や加齢にともなう症状を言い訳にお断りする方法があります。
もしくは、相手を喜ばす配慮に欠ける夫とも楽しみをシェアできるようになりたければ、潤いが減る更年期世代は特に、セルフプレジャーアイテムを利用する方法もおすすめです。
もし気恥ずかしければ“もらった”〝モニターになった”などと切り出したり、“体の感じ方が変わった”と、ここでも更年期を理由にするのもいいでしょう。
感触を楽しむアイテムなら、まず相手に先に使ってみるのもコツのひとつ。せっかくするなら我慢せず、何らかの方法で快感を得てほしいと思います。

パートナーからのボディタッチに満足していますか?

満足して「いる」人は少数派で、男性主体のセックス事情がうかがえる。「若い頃と違って、心の触れ合いが大切」という意見のほか、「たるんできた体を見られるのが嫌」との声もちらほら。

【更年期世代に アンケート】45~60歳の女性(既婚・未婚)55人を対象に、編集部による独自調査を実施。
98%の水分と寒天でできた、ぷるんとした感触の使い切りタイプ。冷蔵庫で冷やしたり、お風呂で温めても。iroha プレジャー・アイテム・プチ PLUM 630円
4段階の強弱振動と静音性が両立した、手のひらサイズの防水設計。iroha プレジャー・アイテム・テマリ【MIZU-TEMARI】水手毬 5,830円(共にTENGA TEL.0800・1000・168)
槇村さとる

槇村さとる さん (まきむら・さとる)

漫画家

性科学者のキム・ミョンガン氏をパートナーに持ち、著作には『ホルモンがわかると一生楽しい』(KADOKAWA)などエッセイも多数。

宋美玄

宋美玄 さん (ソン・ミヒョン)

産婦人科医

丸の内の森レディースクリニック院長。『女医が教える本当に気持ちいいセックス』(ブックマン社)など女性の性の積極的な啓発活動を行う。

『クロワッサン』1070号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。