からだ

ストレスとの上手な付き合い方を知りたい人のための3つの記事。

社会の変化が激しい昨今、知らぬうちにストレスを溜め込んでいませんか? ストレスが体に及ぼす影響や、解消のためにできる「考え方」や呼吸法を、医師に聞きました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. ストレスが続いたときの3つの未病リスクと、ストレスとの上手な付き合い方。

SNS疲れや新型コロナウイルスなど、大きな社会変化も加わって積もるストレス。うまく解消しないと、心だけでなく自律神経の乱れや免疫力の低下などの未病リスクも上がります。「嫌なことがあったら即、いいことを探す。」など、ストレスと上手に付き合う方法を心療内科医の海原純子さんに聞きました。

 ⇒詳細はこちらから

2. スマホ依存、人間関係、心のクセ…医師が教える原因ごとのストレス対策。

人間関係、SNS疲れ、繊細すぎる…ストレスの原因ごとに海原純子さんに対応策を聞きました。考え方しだいで、そのストレスとうまく付き合っていけるかもしれませんよ。

⇒詳細はこちらから

3. ストレスを感じたら。緊張をゆるめ、自律神経を整える根来式呼吸法を。

ストレスが多いと、交感神経が優位になり興奮や緊張が続きがち。そんなときに医師の根来秀行さんが勧めるのが腹式呼吸。どこでもできる簡単なものから、不眠やストレスに効くものまで体調に合わせた呼吸法を学んでみましょう。頭を空にする瞑想の効果も期待できます。

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。