からだ
更新:

口や手、デリケートゾーンまで。乾燥がつらい人のための4つの記事。

女性ホルモンの低下とともに始まる、目、口、膣などの粘膜組織が乾燥する「ドライシンドローム」をご存知ですか? 乾燥がつらい季節に役立つ記事をピックアップしました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 口が渇いてしかたありません。食べ物を飲み込みにくく、不快感が続いています。

「口の中が渇くという訴えは、更年期の女性にはよく見られます。」と、産婦人科医の野末悦子さん。「ドライマウス」の症状と、考えられる病気と検査について話を聞きました。

 ⇒詳細はこちらから

2.かゆみや痛みを放っておかない。大人こそ、デリケートゾーンケア。

女性ホルモン(エストロゲン)の減少による『膣委縮』の症状について、3000人以上の女性たちの女性器にまつわる悩みを解決してきた喜田直江さんに聞きました。毎日のセルフケア、治療法とは?

⇒詳細はこちらから

3. 手の甲に年齢を語らせない、プロが実践するハンドケア。

冬になって多くの人が悩むのは手の乾燥ではないでしょうか。パーツモデルとして活躍する金子エミさんに、1日2回、朝晩したい基本ケアや、クリームの効果的な塗り方など、プロならではのハンドケア法をたっぷり教えてもらいました。

 ⇒詳細はこちらから

4.冬の肌をほぐす、バームの上手な使い方。

オイルとバームは、肌が硬くこわばりやすい冬のお守り的存在。その上手な使い方を、美容家の小林ひろ美さんに教えてもらいました。肌荒れが続いたり、赤味が出たり、ダメージを感じたら、いつものケアをバームに替えてみて。

⇒  詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。