からだ
ビューティー

きれいな色の服が似合う、ベースメイクの作り方。

ベースメイクに自信がもてないという漫画家のひうらさとるさん。ヘア&メイクアップアーティストの中台朱美さんに、〝隠す〞メイクではなく、〝生かす〞メイクを教えてもらいました。
  • 撮影・徳永 彩 スタイリング・木俣 歩 ヘア&メイク・中台朱美 文・喜多川美穂

「普段は、下地に粉をはたくぐらい。というのも、40歳を過ぎてからファンデーションが崩れやすく、塗るとかえってシワが目立つようになってしまって。化粧崩れすると、余計に肌もくすんで見えます」と、ベースメイクに自信がもてなくなったひうらさとるさん。

もっとも、出版パーティや撮影など人前に出るときには、きちんとフルメイクしているそうだが、「コンシーラーの後にパウダーファンデーションをつけているのですが、どうしてもきれいに仕上がりません」というお悩みも。そこで、へア&メイクアップアーティストの中台朱美さんが提案するのは、〝隠す〞メイクではなく、〝生かす〞メイク。まずは、素肌のハリやツヤを生かすためのスキンケアからスタート。

「今回は撮影なので、ファンデーシ ョンを塗ってきました」。それでも、 くすみやクマ、シミが気になるそう。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。