からだ
ビューティー

きれいな色の服が似合う、ベースメイクの作り方。

  • 撮影・徳永 彩 スタイリング・木俣 歩 ヘア&メイク・中台朱美 文・喜多川美穂

「自分では似合うスタイルがわかっているつもりなのですが、自分の好みと、周囲から似合うと言われる服の色や形が違うときがあるんですよ」と、少し戸惑い気味のひうらさん。よく買い物に行くのは「ドゥロワー」や「エストネーション」といったセレクトショップで、インポートブランドもチェックするほどのおしゃれ好き。漫画でも、服のディテールを念入りに描き込む作業がとても楽しいという。

「でも、漫画は二次元で服を捉えるので、装飾過多になりやすいんです。現実はその反動か、黒、グレー、ネイビー、白などベーシックな色ばかり。赤はたまに着るんですけど、イエローとか新しい色にも挑戦してみたいですね」ひうらさんの希望を叶えるべく、スタイリストの木俣歩さんが用意したのは、トレンドカラーをまとった洋服。

カシミアシルクニット3万5000円、 スカート12万円(共にブラミンク☎︎03・5774・9899) リング5万7000円(ボロロ/キューレット バ イニュージュエリー シンジュクテン) ブーティー4万円(リーガル/リーガルコーポレーション婦 人靴お客様相談窓口☎︎047・304・ 7265) ブレスレット 私物

「今年はきれいな色の服がいろいろ出ているので、ぜひ新しい色に挑戦してほしいですね。白い服のレフ板効果に頼らなくても、きちんとベースメイクを作っておけば、ちょっと難しそうな色でも似合いますよ」という木俣さんがすすめるのは、パープルのグラデーションでまとめた、カシミアシルクのニットとシルク混のスカート。

「パープルはハードルが高そうな色ですが、慣れ親しんだネイビーに近い色のニットなので取り入れやすいと思います。黒の靴では重いので、ネイビーにするのがポイント」(木俣さん)「きれいな色! リブニットはよく着るので抵抗ないです。こういうスカートは初めてですが、張りがあってシワにもなりにくそう。最近はチープな素材が似合わなくなったので、いい素材だと安心できますね」(ひうらさん)

コート5万5000円(ガサ☎︎03・3443・9895) シャツ4万9000円、ワイドパンツ6万4000円(共にスタジオニコルソン/キーロ)パンプス3万3000円(リーガル/ リーガルコーポレーション婦人靴お客様相談窓口)

もうひとつは、イエローのシャツが映えるレイヤードスタイルだ。

「シャツがエレガントなシルク素材なので、カーゴ風ワイドパンツでもカジュアルになりません。イエローとベージュは相性がよく、どちらもベーシックな形なので落ち着いた印象。さらに、柔らかなロングコートを気負わず羽織るのが、今年のバランスです。秋冬は暗い色になりがちなので、明るめのトーンにするとおしゃれ」(木俣さん)

「みかん色みたいなイエローが新鮮!ここまでワイドなパンツはあまり穿きませんが、気になる体のラインを拾わないのがうれしい」(ひうらさん)

旬の新しい色は、ベーシックな形や着慣れた色と組み合わせればしっくりなじむので、ぜひトライを。

『クロワッサン』957号より

●ひうらさとるさん 漫画家/代表作に、TVドラマや映画化もされた『ホタルノ ヒカリ』をはじめ、『うらら』『メゾンde 長屋さん』など。7月に『ホタルノ ヒカリSP』完結編が出たばかり。

●中台朱美さん ヘア&メイクアップアーティスト/ファッション雑誌や広告などで活躍。その人らしさを生かした、ナチュラルで艶やかなベースづくりに定評がある。コスメ好きで知識も豊富。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。