くらし
ニュース

【後編】たっぷりの収納ですっきり暮らせるUR COCOCHI(ココチ)。

UR女性職員によって、「女性が住みたい賃貸住宅」のポイントをたくさん詰め込んだ「UR COCOCHI(ココチ)」。
こだわりの1つが、たくさんのものをすっきりとしまえる、充実した収納。
クロワッサン倶楽部メンバー2人が、UR都市機構東日本賃貸住宅本部多摩エリア経営部営業チームの関 信乃さんに、武蔵野緑町パークタウンにあるUR COCOCHIの一室を案内してもらいました。
  • 撮影・森山祐子 文・古屋美枝
左・木村カエさん(会員番号108・45歳・飲食店経営)、右・小橋晶子さん(会員番号60・45歳・学習塾講師)。

充実した収納スペースだから、いつもスマートに暮らせる。

木村カエさん(以下、木村) 収納が多いことは、住まいを選ぶときに譲れない条件ですよね。

小橋晶子さん(以下、小橋) 確かに。台所なども、キッチン用品を使いやすく整頓できればいいのに、といつも思います。

関 信乃さん(以下、関) COCOCHIは、キッチンの収納にもとてもこだわってるんですよ。新しいシステムキッチンの引き出しを開けてみてください。

包丁の収納にはチャイルドロックがかかるので、小さな子どもが引き出しを開けてしまっても大丈夫。

小橋 あちこちに仕切りがあって、とても使いやすそう。

木村 これだけ引き出しがあれば、お鍋や調理道具を出しっぱなしにしなくてすみますね。

デッドスペースになりがちな、足元にも引き出しがある。

小橋 あ、こんな下にも引き出しが。

 そうなんです。普段あまり使わないもの、大きなものも収納できます。

木村 上部の棚もあるし、食器棚を別に置かなくてもいいくらいですね。

小橋 キッチンにコンセントがたくさんあるのもうれしいです。冷蔵庫やオーブンなどはもちろん、ジューサーや炊飯器など、キッチンで使う電化製品ってたくさんありますからね。

 キッチン周りにはコンセントがたくさんあるので、電気製品も置きやすいと思います。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE