くらし

台湾風フィッシュ&チップスのレシピ【ツレヅレハナコさんに習う台湾食材料理】

旅先で食材を買っても使いこなせなかった経験、ありませんか? 旅好き料理好きなツレヅレハナコさんに台湾食材料理を習います。
  • 撮影・馬場わかな スタイリング・佐々木カナコ 文・河野友紀 協力・堀 由美子

黒酢&胡椒鹽(フゥジャオイエン)で、アジアの香りに。

胡椒鹽は、屋台のフライドチキンにかける調味料として現地ではおなじみ。「それを応用し、ふんわり揚げた魚のフライとポテトにかけてみたところ、イギリス料理がアジア風味に変身」

【材料(2人分)】
生ダラ2切れ 衣[小麦粉50g 片栗粉25g ベーキングパウダー小さじ1 炭酸水(またはビール)1/2カップ] じゃがいも1個 胡椒鹽、揚げ油、小麦粉各適量 黒酢適宜

【作り方】
1.生ダラは4等分に切り、小麦粉をまぶす。じゃがいもは皮付きのままくし形切りにする。ボウルに衣の材料を混ぜ合わせる。
2.フライパンに揚げ油を底から3cmほど入れ、中温で熱する。ペーパータオルで水気を拭いたじゃがいもを入れ、竹串がすっと通るまで揚げて油をきる。
3.生ダラを衣にくぐらせ、揚げ油に入れて両面を2~3分ずつ表面がカリッとするまで揚げて油をきる。じゃがいもを再度、高温で30秒ほど揚げ、タラとともに器に盛り、胡椒鹽を振る。好みで黒酢を添える。

ツレヅレハナコ●編集者。出版社での料理本編集などを経て、フリーランスに。『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP出版)など、料理にまつわる著書多数。

『クロワッサン』993号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE