くらし

みね子が2年ぶりに帰ってくる! みんな何も変わらない「ひよっこ2」試写会レポート。

2017年に放映された、連続テレビ小説「ひよっこ」が「ひよっこ2」として帰ってきます!
クロワッサン オンラインが一足先に取材・試写会にお邪魔。主演の有村架純さんと脚本家の岡田惠和さんのコメントをお届けします。
  • 取材・撮影/クロワッサン オンライン編集部
左:脚本家 岡田惠和さん 右:主演 有村架純さん

朝ドラ「ひよっこ」が2年ぶりに帰ってきます!
2017年前期のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の続編、「ひよっこ2」が3月25日(月)から28日(木)(NHK総合 19時30分〜20時)まで全4回で放送されます。

「ひよっこ」は高度経済成長期、茨城県の農家・奥茨城村※で育った前田みね子(有村架純)が“金の卵”として集団就職。成長していく様を描いた波乱万丈青春記。「ひよっこ2」では、最終回で職場の同僚で洋食店「すずふり亭」のコック、ヒデこと前田秀俊(磯村勇斗)と結婚したその2年後、1970年の秋が舞台となる。

※ドラマ上の架空の村

今回「ひよっこ2」で久しぶりに“みね子”を演じた有村さんは、

「とても大切な役で愛着があります。撮影中も別の現場で『(茨城弁の)イントネーションが抜けていない』と言われたほど(笑)。みね子がどんな大人になっているか、とても楽しみな役です」と話すと、脚本家の岡田さんも

「みね子という役は世間に名を残す人ではないけれど、視聴者のみなさまから愛してもらった人。
そういったドラマが起こせることは、脚本家冥利に尽きます。僕も書きたいより、『続きが見たい』と思えるドラマでした」

今回、「ひよっこ」出演者になんとかスケジュールを出してもらい、ほぼ全員のキャストの出演が叶ったと言う。
「キャスト勢揃いのシーンもいくつか用意したので、お気に入りのキャラクターを探してほしい」(岡田さん)

一足先に第一話を視聴。
ナレーションを担当した増田明美さんの第一声を聞いた瞬間、あっという間に「ひよっこ」の世界へ引き戻されました。桑田佳祐さんが歌う「若い広場」や、オープニングのミニチュアアニメーションも懐かしくて胸がぎゅっと締め付けられるような感覚に。

みね子とヒデの仲良しっぷりにこちらが照れてしまったり(有村さん・岡田さんも「ふたりが同じ部屋にいることが照れ臭くて慣れなかった」と話していました)、奥茨城村のみね子の実家・谷田部家の家族や近所の方々、みね子の幼なじみの時子、三男。すずふり亭のみんな、あかね荘、乙女寮の乙女たち……。

一話目から笑ったり、泣いたり(試写で2回本気泣き)忙しくてあっという間の30分。ひよっこファンにはたまらないスペシャルドラマです。
岡田さんは「続きをやりたいと言い続けてよかった。またひよっこがやれたらと思う」とパート3にも意欲的でした。

ひよっこファンも未視聴の方も、21日(木)に総集編が放送されます。
スペシャルドラマと共にお楽しみに!

「ひよっこ2」
2019年3月25日(月)から28日(木)、4夜連続
19時30分~20時(NHK総合)

「ひよっこ 総集編」
2019年3月21日(木・祝)
《前編》10時5分から11時33分
《後編》13時5分から14時40分
(NHK総合)

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE