暮らしに役立つ、知恵がある。

 

酒肴の組み合わせは自由、料理研究家の井原裕子さんがお酒を楽しむ、絶品おつまみ。

暑さが増すこの時季、きりっと冷えたお酒に合うおつまみの数々を、料理上手に教えてもらいました。
さあみなさん、お酒の準備はととのいましたか? では、ご一緒に、カンパ〜イ!!

撮影・小川朋央 文・石飛カノ

酒肴の組み合わせは自由気ままに。好きな日本酒は氷を入れてキリッと。

「今日は冷酒で一日を締めます。」自宅兼スタジオのダイニングリビングでいつものように晩酌タイム。チェイサーはハイボール。
「今日は冷酒で一日を締めます。」自宅兼スタジオのダイニングリビングでいつものように晩酌タイム。チェイサーはハイボール。

「これ、面白いでしょ? 曽祖父が集めていた明治時代の骨董品なんです」

と言って見せてくれたのが入れ子細工の枡とサイコロ。賽の目には「一合」「五合」「一升」「話」「歌」「踊」という文字が書かれている。

「飲みながらサイコロを転がして一合飲む人、歌う人、踊る人、と遊んだんでしょうね。お酒飲みで骨董好きだった曽祖父らしいコレクション」

枡とサイコロは曽祖父の粋なコレクション。
枡とサイコロは曽祖父の粋なコレクション。

料理研究家・井原裕子さんはその血をしっかり受け継いだ無類のお酒好き。作家ものの大小の片口にブルゴーニュやボルドー、リースリングやシャンパン用の各種ワイングラス、口当たりのよさそうな冷酒グラスと、さまざまな酒器からも愛酒家ぶりが窺える。

そして自宅兼スタジオのダイニングにあるセラーは日本酒やワインで満たされ、戸棚には最近お気に入りだというスコッチウイスキーやおしゃれなボトルのジンが並ぶ。

最近"推し"の日本酒。山口県の「貴」(白ラベルは純米大吟醸、青ラベ ルは純米)と奈良県の「風の森」。
最近"推し"の日本酒。山口県の「貴」(白ラベルは純米大吟醸、青ラベ ルは純米)と奈良県の「風の森」。

「ワインも日本酒もジンもウイスキーも基本的にお酒はなんでも飲みます。甘酒を作ってそれを韓国焼酎で割る、“マイマッコリ”みたいなものも好きですね」

晩酌のスターティングメンバーを決めるのに迷ってしまうほどの選択肢。これは楽しすぎる。

「食べるものを作ってから飲むものを決めます。今日は何を飲もうかなあと。でも日本酒だから和食というわけではなく、なんとなくの相性で。この食べ物とこのお酒、合うかもしれないと試してみたりもします」

さすが、料理研究家。いつも一辺倒ではなく晩酌のレパートリーは自由自在に広がっていく。

〈料理研究家・井原裕子さんのある日の晩酌〉

キウイときゅうりのミントサラダ、枝豆の八角煮、茹でレタスと豚しゃぶの牡蠣油ソースがけ。ハイボールとお気に入りの日本酒をロックで添えて。この時季だからこその素材選びとしつらいに、心が躍る初夏の夕暮れ。
キウイときゅうりのミントサラダ、枝豆の八角煮、茹でレタスと豚しゃぶの牡蠣油ソースがけ。ハイボールとお気に入りの日本酒をロックで添えて。この時季だからこその素材選びとしつらいに、心が躍る初夏の夕暮れ。

旬野菜をふんだんに使った3品です!

酒肴の組み合わせは自由、料理研究家の井原裕子さんがお酒を楽しむ、絶品おつまみ。

コロッと切ったキウイと薄切りのきゅうりを、ミント、レモン汁、塩、こしょう、オリーブオイルで和えたさっぱりテイストのサラダ。

酒肴の組み合わせは自由、料理研究家の井原裕子さんがお酒を楽しむ、絶品おつまみ。

豚肉をしゃぶしゃぶした後、あくを掬ってレタスを茹でるとスープが染みて美味しくいただける。ソースはオイスターソースとごま油、砂糖少々。

酒肴の組み合わせは自由、料理研究家の井原裕子さんがお酒を楽しむ、絶品おつまみ。

枝豆をしょうゆ、砂糖(めんつゆでも可)、八角、赤唐辛子、水を煮立てたものでさっと煮て冷ます。冷蔵庫で保存可能。夏の新定番としてお試しを。

ついつい飲み進めるうちに揚げ物が食べたくなって。

今宵の酒肴は紹介した茹でレタスと豚しゃぶ、キウイときゅうりのミントサラダ、枝豆の八角煮と、夏の宵にぴったりの3品。さて、この料理に合わせるお酒は?

「冷酒にしましょう。冷酒グラスに氷を入れて。日本酒に氷を入れるなんて! と昔はよく言われてましたけど、私は全然気にしません。好きに飲めばいいと思っているので」

晩酌で飲む量は日本酒なら1合、ワインならボトル2分の1本程度。愛酒家ではあるが大酒家ではない。

「おつまみと一緒に飲むのは日本酒かワインかジンのソーダ割りですが、口開けはハイボール。仕事終わりの区切りにまず泡でしゅわしゅわしたいので、薄いハイボールを飲みながらおつまみを作るんです。ひと口ハイボールを飲んだときが仕事終わり。私にとってはすごく大事な習慣です」

なるほど、黒いコースターの上のチェイサーは料理中に口にしていたハイボールでしたか。とはいえこれは、プライベートでの習慣。仕事で料理を試作するときにアルコールは口にしない。

「食材や調味料の分量などの数字を出さなきゃいけないので、お酒を飲みながらというわけにはいきません。でも晩酌のつまみは完全に自分のためだけの料理。そんなときは飲みながら気軽に作っています」

夕食を兼ねたおつまみは基本的に3品。お気に入りの器に盛って。
夕食を兼ねたおつまみは基本的に3品。お気に入りの器に盛って。

それにしても野菜たっぷりの超ヘルシーな3品。これで夕食終了なら太る心配とは限りなく無縁。

「それが飲み進めるうちに揚げ物をすることもあるんです。せっかく健康に配慮したおつまみを用意したのに、そのうち“やっぱり揚げ物だな”と自制がきかなくなっちゃう。ズッキーニをフリットにしたり、春巻きの皮があったら春巻きを作ったり。そういうときはたぶん、1合以上飲んでいて、かなり酔っ払っているから危険です(笑)。そうだ、これからアスパラとチーズの春巻きを揚げようかな。食べていってくださいね」

あれっ、井原さん、いつの間にか1合の片口が空っぽに……。

備前焼や錫などの大小の片口。
備前焼や錫などの大小の片口。
  • 井原裕子

    井原裕子 さん (いはら・ゆうこ)

    料理研究家

    「食と人」代表取締役。雑誌や書籍での料理製作をはじめ、企業向けのメニューや商品開発、フードコンサルティングなど幅広く活動。

『クロワッサン』1097号より

  1. HOME
  2. くらし
  3. 酒肴の組み合わせは自由、料理研究家の井原裕子さんがお酒を楽しむ、絶品おつまみ。

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載