暮らしに役立つ、知恵がある。

 

冷凍の魚の切り身で完成する、3つのひと皿ごはん【島本美由紀さんのレシピ】

便利な冷凍魚介だからこそ上手に解凍して使いたい。
改めて最大に味を引き出す解凍法、冷凍魚介を使ってひと皿で満足できる島本美由紀さんのメニューを紹介。

撮影・青木和義 文・板倉みきこ

切り身

冷凍の魚の切り身で完成する、3つのひと皿ごはん【島本美由紀さんのレシピ】

解凍後、周囲のドリップを拭き取ってから調理。
塩鮭などの加工品は水分が抜けているので、凍ったまま調理しても味にさしつかえなし。
※解凍方法はレシピ下参照

【冷蔵室解凍】【氷水解凍】【レンジ解凍】【氷凍ったまま調理】鮭の炊き込みごはん

冷凍の魚の切り身で完成する、3つのひと皿ごはん【島本美由紀さんのレシピ】

【材料(作りやすい分量:2合:2人分)】
米 2合
冷凍甘塩鮭 2切れ
しめじ 50g
油揚げ 1枚
しょうが 1かけ
A[醤油 大さじ1、みりん 大さじ1、酒 大さじ1、顆粒和風だし 小さじ1、塩 小さじ1/2]

【作り方】
1.米は洗って水けを切り、炊飯器に入れる。Aを加え、目盛りまで水を注いで、30分ほど浸水する。
2.しめじは根元を切り落としてほぐし、しょうがは千切り、油揚げは1cm角に切る。
3.1に冷凍鮭と2をのせて炊く。炊き上がったら鮭の骨と皮を取り除き、軽く混ぜて器に盛る。

【冷蔵室解凍】【氷水解凍】【レンジ解凍】サバサンド

冷凍の魚の切り身で完成する、3つのひと皿ごはん【島本美由紀さんのレシピ】

【材料(2人分)】
フランスパン(ソフト)10cm×2
冷凍塩サバの半身(フィレ)1枚
バター 適量
リーフレタス 2枚
紫玉ねぎ 1/8個
レモン(くし形)2切れ
A[プレーンヨーグルト 大さじ1、マヨネーズ 大さじ1/2、塩・こしょう 各少々、おろしにんにく 少々]

【作り方】
1.サバは解凍して、表面を流水でさっと洗って臭みを流す。水けがついたまま、予熱をしたグリルに並べ、中火で7~8分ほど焼く。水けをつけたまま焼くことで身をふっくらさせる。
2.玉ねぎは薄くスライスして軽く水にさらし、ペーパーで水けを拭き取る。
3.フランスパンは横半分に切って軽くトーストし、上下にバターを塗り、レタス、2、1の順にのせ、Aをかけて、レモンを添える。

【冷蔵室解凍】【氷水解凍】【レンジ解凍】サバそぼろの三色丼

冷凍の魚の切り身で完成する、3つのひと皿ごはん【島本美由紀さんのレシピ】

【材料(2人分)】
冷凍塩サバの半身(フィレ)1枚
卵 3個
絹さや 10枚
ごはん丼 2杯分
A[酒 大さじ1と1/2、醤油 大さじ1、砂糖 大さじ1]
B[砂糖 大さじ1、酒 大さじ1/2、塩 ひとつまみ]

【作り方】
1.サバは解凍して、表面を流水でさっと洗って臭みを流し、ペーパーで水けを拭く。皮を残して身をスプーンでかき出す。
2.フライパンに1とAを入れて中火にかけ、ほぐしながら煮汁がなくなるまで炒め煮にする。
3.別のフライパンに卵を割りほぐし、Bを加えて中火にかけ、箸4本で混ぜながら火が通るまで炒める。絹さやは筋を取って熱湯で1分ほど茹で、ペーパーで水けを拭き取ってから細切りにする。
4.器にごはんを盛り、2、3をのせる。

質が高いものや種類も増え、買い求めやすくなった冷凍魚介。一方で解凍に失敗しやすいという声も多く聞くが、主な原因は急いで解凍しようとするから、と料理研究家の島本美由紀さん。

「主に味を悪くするのは素材から出る水分、ドリップで、急いで解凍するほど量が増えます。低温で時間をかけて解凍すれば、その量は抑えられます」

ほとんどの魚介類を失敗なく解凍できるのが冷蔵室での解凍。そのほかにも、素材や料理によって適した解凍法がある。ぜひ今回のレシピを参考に。

素材や料理に合わせて選ぶ! 魚介の解凍法。

低温でゆっくり解凍する、すべての魚介の解凍に向く方法。冷蔵室で6~8時間。ドリップが出にくいことでパサつきも少なく、うまみもしっかり残るため味も落ちにくい。特に刺身はこの解凍法が最も美味しい。
低温でゆっくり解凍する、すべての魚介の解凍に向く方法。冷蔵室で6~8時間。ドリップが出にくいことでパサつきも少なく、うまみもしっかり残るため味も落ちにくい。特に刺身はこの解凍法が最も美味しい。
シーフードミックスやむき海老におすすめ。塩水で解凍すると独特の生臭さが消え、縮みにくくプリッとした食感になる。解凍時間は約30分。食材150gに対して水200ml+塩小さじ1が目安。むき海老は塩分濃度が高いものもあるので、水を増やして調整を。
シーフードミックスやむき海老におすすめ。塩水で解凍すると独特の生臭さが消え、縮みにくくプリッとした食感になる。解凍時間は約30分。食材150gに対して水200ml+塩小さじ1が目安。むき海老は塩分濃度が高いものもあるので、水を増やして調整を。
切り身や刺身に。袋のまま、しっかり密閉された状態で氷水に入れ、1~2時間。全部解凍しない時は、使う量をジッパー付き保存袋に移してから。流水解凍は水温が高く、ドリップが出やすいのでNG。
切り身や刺身に。袋のまま、しっかり密閉された状態で氷水に入れ、1~2時間。全部解凍しない時は、使う量をジッパー付き保存袋に移してから。流水解凍は水温が高く、ドリップが出やすいのでNG。
電子レンジによる解凍は、加熱ムラが多く失敗しやすいので、切り身の魚のみにしたほうが無難。解凍の際は、ドリップを吸い取るキッチンペーパーを耐熱皿に敷いてから解凍モードに。袋などに包んだまま解凍すると四隅に火が通りやすいので、必ず外してから行う。ラップをかける必要はなし。
電子レンジによる解凍は、加熱ムラが多く失敗しやすいので、切り身の魚のみにしたほうが無難。解凍の際は、ドリップを吸い取るキッチンペーパーを耐熱皿に敷いてから解凍モードに。袋などに包んだまま解凍すると四隅に火が通りやすいので、必ず外してから行う。ラップをかける必要はなし。
低温でゆっくり解凍する、すべての魚介の解凍に向く方法。冷蔵室で6~8時間。ドリップが出にくいことでパサつきも少なく、うまみもしっかり残るため味も落ちにくい。特に刺身はこの解凍法が最も美味しい。
シーフードミックスやむき海老におすすめ。塩水で解凍すると独特の生臭さが消え、縮みにくくプリッとした食感になる。解凍時間は約30分。食材150gに対して水200ml+塩小さじ1が目安。むき海老は塩分濃度が高いものもあるので、水を増やして調整を。
切り身や刺身に。袋のまま、しっかり密閉された状態で氷水に入れ、1~2時間。全部解凍しない時は、使う量をジッパー付き保存袋に移してから。流水解凍は水温が高く、ドリップが出やすいのでNG。
電子レンジによる解凍は、加熱ムラが多く失敗しやすいので、切り身の魚のみにしたほうが無難。解凍の際は、ドリップを吸い取るキッチンペーパーを耐熱皿に敷いてから解凍モードに。袋などに包んだまま解凍すると四隅に火が通りやすいので、必ず外してから行う。ラップをかける必要はなし。
  • 島本美由紀

    島本美由紀 さん (しまもと・みゆき)

    料理研究家

    ラク家事アドバイザー、食品ロス削減アドバイザー、冷蔵庫収納&食品保存アドバイザー、防災士。テレビや講演など、多方面で活躍中。

『クロワッサン』1081号より

  1. HOME
  2. くらし
  3. 冷凍の魚の切り身で完成する、3つのひと皿ごはん【島本美由紀さんのレシピ】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載