くらし

松田美智子さん秘伝、万能!あまりもの醤油。

  • 撮影・荒木大甫

松田さん宅には、香味野菜調味料の原点〝あまりもの醤油〟がある。

「継ぎ足し継ぎ足しで、もう15年くらいたちますねえ。中に入っているものは、大葉、みょうが、ピーマン、青唐辛子、鰹節、ゆず皮と果汁、レモン汁など。冬場は、かんずりや柚子胡椒も。タバスコ、からし、山椒などを入れることもあります。入れないのは、ねぎ類と、油。ねぎは臭みが強すぎるし、油は傷みやすいので」

季節ごとに入れる食材が変わることで味の変化も楽しめる。

「湯豆腐にかけたり、肉をちょっと焼いた上にソースとしてかけたり。焼きそばの味付けに使ってもさっぱりと美味しいですよ」

あまりもの醤油を最初に作るときは――。

醤油500ml、米酢50ml、青唐辛子10本(薄切り)、にんにくと生姜のみじん切り各大さじ1を合わせて、2週間冷蔵庫に。その後は、自由に香味野菜や醤油を適宜継ぎ足して保存。

松田美智子

松田美智子 さん (まつだ・みちこ)

料理研究家

近刊『普段もハレの日も作りたい、家族が喜ぶ おすし』(文化出版局)も好評。今回の生姜酢も、さまざまなアレンジで登場するので必読!

『クロワッサン』1063号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。