くらし

防災対策を何から始めていいかわからない人のための3つの記事。

3月11日が近づいてきました。この機会にもう一度、あなたの家の防災対策、備蓄品を見直しましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 防災士が厳選、今の時代にふさわしい最新防災グッズと備蓄品リスト。

時代に応じてどんどん進化している防災グッズ。防災士、整理収納アドバイザーに最新のアイテムを教わるとともに、防災に役立つ日用品についても教わります。

 ⇒詳細はこちらから

2. あなたの家は大丈夫? 防災安全チェックシートで確認しよう。

「玄関のたたきや収納に傘や靴があふれていない」「冷蔵庫の転倒防止をしている」「枕元に懐中電灯を用意している」など、豊富なチェックリストであなたの家の現状を確認。チェックが少ない人ほど対策が急務です!

⇒詳細はこちらから

3. 「わが家の備蓄品リスト」で、足りないものを総点検!

食品については、「7日分」、衛生用品については「1カ月分」が目安ともいわれる備蓄品。とはいえ、災害時に必要となる備蓄品は家庭によってさまざまなので、まずはこちらのチェックリストをもとに「わが家の備蓄品リスト」を作りましょう。

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。