くらし

茹でたり、焼いたり、攪拌したり。とうもろこしを多様に食べられる4つのレシピ記事まとめ。

とうもろこしが並ぶと、夏を感じますね。そのままガブりと丸かじりするのもいいけれど、余ったとうもろこしはひと手間加えて美味しくいただきましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1.とうもろこしとオクラのペペロンチーノ風。

とうもろこしをレンジで蒸して、にんにく、唐辛子で焼き付ければ、お酒にぴったりなペペロンチーノ風のおつまみが完成。にんにくは弱火でしっかりと香りが立つまで加熱するのが美味しさのコツ。

⇒詳細はこちら

2.とうもろこしスープの素。

疲労回復に効果的のとうもろこしのスープの素。冷たくても温かくても美味しくいただけます。ほんのり甘みがあるから夏のおやつにもおすすめです。

⇒詳細はこちら

3.とうもろこしとマッシュルームのレモンライス。

炊いたご飯にとうもろこし、マッシュルームを加えて、調味料で味を調えるだけ。レモンの酸味が食欲を刺激します。ホームパーティーにもぴったり。

⇒詳細はこちら

4.きゅうりととうもろこしのライタ。

インドの定番、ライタと呼ばれるヨーグルトサラダはクミンやレッドチリなどが入っているから、味わい深い副菜。きゅうりととうもろこしのザクザクとした口当たりを楽しみましょう。

⇒ 詳細はこちら

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。