くらし

【野菜のにぎり3種】「ビジンサマレシピ」で作る野菜寿司。

信州と甲州にまたがる八ヶ岳連峰の一つ蓼科山に住んでいると伝えられているビジンサマという神様。そのお膝元である信州から、体に優しい食材を使い、卵や乳製品などの動物性食材を使用せず昔ながらの伝統的な調味料で作る「ビジンサマレシピ」を、地産地消料理研究家の中村恭子さんに紹介してもらいます。
  • レシピ提供:中村恭子

私の暮らす信州は野菜が美味しいことはよく知られていますが、実は平地では稲作も盛んで美味しいお米が取れる米どころでもあります。

長野県の県歌「信濃の国」では

「海こそなけれものさわに(海はないけれど物産が豊かにあって)万ず足らわぬ事ぞなき(不足するものは何もありません)」と歌われているほど、海はなくとも信州はとても豊かな地域なのです。

https://www.youtube.com/watch?v=NWkMJooH2aE

この「信濃の国」では信濃をたたえた歌詞がなんと6番まで続く地元愛溢れる歌で県民の8割の人が歌えると言われています。ご興味ある方は是非聴いてみてくださいね。

それでは今回から4回にわたり信州の美味しい「野菜」と「米」を主役にしたレシピをご紹介していきましょう。

野菜のにぎり3種

続いては目と舌で楽しむ美しい野菜寿司をご紹介していきます。

まず今回は大根、長芋、パプリカを使ってみましょう。

※酢飯の味付けですが野菜との相性は少し甘めに作ると良いように思います。

【〈材料〉各 適量】

酢飯

1.大根+桜の塩漬け 
2.パプリカ(酢:小さじ1,、オリーブオイル:小さじ1/2、塩少々)+生姜 
3.長芋+大葉+ワサビ 

【作り方】

1.大根と桜の花の塩漬け。大根は皮ごとスライサーで薄くスライスして塩少々をふりしばらく置く。
2.大根がしんなりしたら水気を絞る。桜の花は軽く水の中で塩けを落とす。
3.握った酢飯に桜の花を乗せ、大根で包む。そのまま大根と桜の花の塩けが上品な味わい。
4.パプリカと生姜。パプリカは1/4にカットし種を取り除いて
5.オーブントースターで皮に焦げ目がつくまで焼く。生姜は皮をむいてすりおろす。
6.酢、オリーブオイル、塩を混ぜ合わせたマリネ液に入れラップで密着させてしばらく置き味をなじませる。
7.握った酢飯にパプリカ、生姜を乗せる。醤油でいただく。お好みで白練りゴマを加えても良い。
8.長芋と大葉とワサビ。長芋はスライサーでスライスする。ワサビはすりおろす。大葉は硬い軸の部分があれば外しておく。
9.握った酢飯にワサビ、大葉の順に載せ、長芋で包む。海苔などで巻いても良い。醤油との相性が抜群です。

●「ビジンサマレシピ」について
信州と甲州にまたがる八ヶ岳連峰の一つ蓼科山にはビジンサマという神様が住んでいて「ビジンサマが山を通る日、人は山仕事を休む」という言い伝えが残されています。「休む」ことは、美しく健やかな体づくりに必要なこと。ビジンサマの語源はもしかしたら「美人様」なのかもしれません。

蓼科塾では「休む」神様ビジンサマにちなみ、ビジンサマのお膝元である信州から「休む」ためにふさわしい体に優しい食材を使い卵や乳製品などの動物性食材を使用せず昔ながらの伝統的な調味料で作る「ビジンサマレシピ」を提案しています。

信州といえば、麹を使った味噌や甘酒などの発酵食品や、蕎麦、キビ、アワなどの雑穀、山野草にきのこ、リンゴや杏、ぶどうなどのフルーツ、寒天や高野豆腐などの乾物類などなど、美味しくて体に良い食材の宝庫。中には美容・健康効果の高い食用ほおずきといった、あまり流通していない食材もあり、入手方法から調理方法までお伝えしていきます。
「ビジンサマレシピ」で美しく健やかな体づくり、してみませんか?

中村恭子●一般社団法人蓼科塾代表/地産地消料理研究家/健康管理士。 2011年東京都より長野県茅野市に移住し信州の地産地消に根ざした「ビジンサマレシピ」の開発を手がけている。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。