くらし

窓まわりの掃除、プロのコツ。

  • 撮影・岩本慶三 文・一澤ひらり

1.窓ガラス

必ず1面ずつ終わらせること。窓用ワイパーでプロの仕上がり。

[使うもの]

ゴム手袋
ぞうきん
ガラス用洗剤
窓用ワイパー

1.ガラス用洗剤を×印にスプレー。

ガラス用洗剤を窓の角から角に対角線を引くように大きな×印、汚れがひどければ※印にスプレーする。大きなガラスの場合は、上下に分けて、それぞれ×印にスプレーを。「どのくらい洗剤を使えばいいですか?とよく聞かれますが、この方法ならまんべんなく洗剤がいきわたり、洗剤の使いすぎを防げます。ひとつの目安にしてください」

2.窓用ワイパーで汚れを一掃!

窓用ワイパーをしっかりと持ち、角にきっちり合わせる。ガラスから浮かせないようにブロックを区切りながら、上から下にまっすぐおろしていく。もう一方の手で、ぞうきんを当てがいながら行うと液だれを防げる。全面を行ったら裏面も同様に。「窓用ワイパーは途中で止めると拭きムラになるので、一気におろすのがコツです」

【ポイント】右手でワイパー、左手でぞうきんで液だれを防止。

1 2 3 4 5
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。