くらし

浴室の掃除、プロのコツ。

年末の忙しい最中、家族は当てにならない……でも大丈夫! クロワッサン倶楽部のメンバー、三ツ木貴恵さん宅で、大掃除の極意をダスキン サービスマスター事業部マネジャー小松拓也さんに教わりました。
  • 撮影・岩本慶三 文・一澤ひらり

浴室

高温多湿の浴室は、水アカ、石けんカス、皮脂汚れ、カビを育む3大汚れが結集し、からみ合ってパワーを爆発させる最大の難所。

「まず石けんカスや皮脂などの落としやすい汚れを取り除いてから、カビ取りを施していきます。よくカビ取り剤をスプレーして長時間置いたままの人がいますが、10分以上放置してもあまり効果がなく、逆に素材を傷める原因になるので注意しましょう。カランの水アカは水道水に溶けているカルシウムなどのミネラル分が空気に触れて結晶化したもの。クレンザーでこすれば落とせます」

気になっている汚れは…?

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。