真木あかりが診断 運気が整う、九星気学。

イラストレーション・瀧川裕恵

毎月1日・15日に、人気占い師の真木あかりさんが占断する、『九星気学占い』。
総合運はもちろん、気になる対人運や金運、吉方位も公開。毎日を気持ちよく過ごせるアドバイスをお届けします。まずは生年月日から本命星を調べてみましょう。
2021年上半期の運勢はこちら。

【2月15日〜28日の流れ】

これまでなんとなく「そういうもの」とされてきた流れが、あるきっかけによって急ブレーキがかかる、「そういうものじゃ、なくない?」という声が大きくなってくる、ということがあります。2月前半はそうした動きのなかでも「女性」をめぐる問題が、大きくクローズアップされました。当の女性のみならず、男性からも大きな声が上がった様子はどなたもご覧になったことでしょう。女性蔑視問題だけでなく、身辺にそうした「そういうものじゃ、なくない?」という流れが起きた人は多かったかもしれません。2月後半、そうした流れは引き続き目立ち、滞っていたものが払拭されていきます。問題だ、と認識されるだけでなく、具体的に改善の動きが始まる時期となるでしょう。おそらくは、ひとりひとりが行動を起こすことによって。

あなたの本命星は?

本命星を確認する

真木あかりが診断 運気が整う、九星気学。

真木あかり(まきあかり)

占い師。学習院大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道に。

『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)や女性誌での連載など、著書・連載・アプリ監修多数。占星術や四柱推命で運命を紐解き、人が自分の人生をより良く生きるためのアドバイスを行っている。