【2月15日〜28日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【2月後半の運気の流れ】これまでなんとなく「そういうこと」とされてきた流れが、あるきっかけによって急ブレーキがかかる、「そういうことではないのでは?」という声が大きくなってくる、ということがあります。2月前半はそうした動きのなかでも「女性」をめぐる問題が大きくクローズアップされました。当の女性のみならず、男性からも大きな声が上がった様子はどなたもご覧になったことでしょう。女性蔑視問題だけでなく、身辺にそうした「そういうことではないのでは?」という流れが起きた人は多かったかもしれません。2月後半、そうした流れは引き続き目立ち、滞っていたものが払拭されていきます。問題だ、と認識されるだけでなく、具体的に改善の動きが始まる時期となるでしょう。おそらくは、ひとりひとりが行動を起こすことによって。
  • 文・真木あかり

総合運

アクシデントの暗示が出ています。ほとんどのケースでは、すぐにリカバーすれば大きな問題にはなりません。ただ、人によっては「こんなはずでは」と思わされるようなことが持ち上がる場合もあるでしょう。この場合、思い切った転換はさらなるトラブルを呼ぶだけです。まずは最低限の応急処置をし、様子見に徹しましょう。タイミングさえ合えば、元の状態まで戻すことは決して難しくないはずです。慌てず、焦らず、状況をよく見渡してみましょうね。

対人運

こじれていた対人関係が、ひとつ解決に向かいそうな予感です。具体的に話が進み、根深いわだかまりが解消されるようなことがありそうです。あるいは、あなたのなかで「もうどうでもいいや」と、相手を「ラフに許す」ようなことがあるのかもしれません。無理をして許す必要はまったくありません。この時期は水のようにさらさらと自然に流れていく物事こそが大事なので、状況はよくなると信じてちょっと見守ってみるといいでしょう。

金運

金運は低め安定といったところ。なぜか頭がどんぶり勘定になりがちで、「意外となかった」という結果に至ることが多そうです。「臨時収入が入ると思っていたんだけど」「もっと残金があると思っていたんだけど」のあとに「意外となかった」が続くので、収支をしっかりつけるだけでも大分リスクヘッジとなるでしょう。空腹時は食材の買い物はしないなど、シンプルな作戦も思いのほか効果がありそうです。

吉方位

15日:自由に過ごす日 16日:東、南西、北東 17日:東、西、北 18日:南西、北西、北 19日:南、北 20日:南東、西、北東 21日:東、西、北東 22日:北西 23日:南東、北西、北 24日:自由に過ごす日 25日:東、南西、北東 26日:東、西、北 27日:南西、北西、北 28日:南、北

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。