【2月15日〜28日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【2月後半の運気の流れ】これまでなんとなく「そういうこと」とされてきた流れが、あるきっかけによって急ブレーキがかかる、「そういうことではないのでは?」という声が大きくなってくる、ということがあります。2月前半はそうした動きのなかでも「女性」をめぐる問題が大きくクローズアップされました。当の女性のみならず、男性からも大きな声が上がった様子はどなたもご覧になったことでしょう。女性蔑視問題だけでなく、身辺にそうした「そういうことではないのでは?」という流れが起きた人は多かったかもしれません。2月後半、そうした流れは引き続き目立ち、滞っていたものが払拭されていきます。問題だ、と認識されるだけでなく、具体的に改善の動きが始まる時期となるでしょう。おそらくは、ひとりひとりが行動を起こすことによって。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

ややスランプ気味な自分を感じるかもしれません。これまで夢中になってやっていたことが、どうにも空虚に感じられる。いつも通りのはずなのに、なんとなくつまらない。こうした気持ちが生まれたときは、どうか「贅沢な発想だ」などと、押さえつけないでいてください。階段でいえば、今は踊り場に差し掛かっているのだろうと思います。平坦さゆえにつまらなさもありますが、これがあるおかげで転落の危険は軽減されます。つまらない時期も、大事な時間です。目標さえ見失わなければ、大丈夫。そんなふうに自分を、いたわってあげてください。

対人運

前半の「出会いあり、別れあり」の傾向が後半も続いていきます。急に心の距離が近づく人もいれば、心当たりはないけれど離れていく人もいたりして。少なからず心がざわざわするでしょう。「どういうこと?」と理由を聞きたくなるかもしれませんが、今は質問を重ねるよりもそっと状況を見守るほうがよさそう。相手も思うところあって、そうしています。それはあなたにはさほど、関係のないことだったりもするでしょう。今はそうした選択をした相手の気持ちを尊重することが、今後のためにもなるだろうと思います。

金運

見栄をはってお金を出したり、無理をして見栄えのするものを手に入れたりするのは、できるだけ控えたほうがいいでしょう。お金の使い方がどうこうというよりは、自分の願望や欲求が迷子になりやすく、長期的に見てマイナスの効果を生むためです。みんなが「最高!」と言うものよりも、自分が「最高!」と思うものを。ランキング上位のものより、自分がときめくものを。そんな基準で選んでみるとよさそうです。

吉方位

15日:西、北東 16日:西、北西 17日:北、北東 18日:自由に過ごす日 19日:東、南東、北西 20日:東、西 21日:南東、南西、北西 22日:東、南、北 23日:南東、南西 24日:西、北東 25日:西、北西 26日:北、北東 27日:自由に過ごす日 28日:東、南東、北西

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。