【2月15日〜28日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【2月後半の運気の流れ】これまでなんとなく「そういうこと」とされてきた流れが、あるきっかけによって急ブレーキがかかる、「そういうことではないのでは?」という声が大きくなってくる、ということがあります。2月前半はそうした動きのなかでも「女性」をめぐる問題が大きくクローズアップされました。当の女性のみならず、男性からも大きな声が上がった様子はどなたもご覧になったことでしょう。女性蔑視問題だけでなく、身辺にそうした「そういうことではないのでは?」という流れが起きた人は多かったかもしれません。2月後半、そうした流れは引き続き目立ち、滞っていたものが払拭されていきます。問題だ、と認識されるだけでなく、具体的に改善の動きが始まる時期となるでしょう。おそらくは、ひとりひとりが行動を起こすことによって。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

現状維持が最良の手段となるときです。頑張り屋さんほど、現状維持は「何もしていないのと同じ」「努力してない」といった印象を抱きがちなのですが、そうとも限りません。本当に努力も何もしていなかったら、物事は衰退あるのみ。現状維持するためには、もともと努力が大事なのですね。星回りの関係で、やる気スイッチがなかなか見つかりにくい人も多いかもしれません。そんなときは焦らずくさらず、今目の前のことをやる。それが100点満点なのだと、ご自分を勇気づけてあげてください。

対人運

プライベートでの人間関係が充実してきます。お住まいの場所によっては気軽に会ったり、おしゃべりしたりといったことは難しいかもしれませんが、オンラインでおしゃべりしたり、LINEを交わしたりといったことが心の支えになるでしょう。悩みを絶妙なかたちで軽くしてくれたり、ヒントをくれたりと「ひとりじゃない」と思わせてくれるのではないかと思います。ひとつ申し上げるなら、オン・オフの区別はきちんとつけること。仕事の時間にどっぷりメッセージに集中したり、あるいはプロの友達に無償でサービスを提供してもらったりするのは、この時期の対人運をいくばくか、すり減らしてしまうようです。

金運

想定外の出費がかさみ、やりくりの必要が出てきそう。特にここのところ我慢が多かった人は、ストレス解消のはけ口がショッピングやグルメとなりがちかもしれません。それでも、生活のうるおいって大事です。いつも以上に「出費」と「浪費」の区別をしっかりつけて、買うもの・控えるものを検討できるといいですね。お祝い事など、おめでたいシーンへの出費は惜しまないこと。

吉方位

15日:南、南西、北東 16日:南西、西、北、北東 17日:西、北 18日:自由に過ごす日 19日:南東 20日:東、南東、西、北西 21日:東、南西、北西 22日:南東 23日:南東、南、北 24日:南、南西、北東 25日:南西、西、北、北東 26日:西、北 27日:自由に過ごす日 28日:南東

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。