【2月15日〜28日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【2月後半の運気の流れ】これまでなんとなく「そういうこと」とされてきた流れが、あるきっかけによって急ブレーキがかかる、「そういうことではないのでは?」という声が大きくなってくる、ということがあります。2月前半はそうした動きのなかでも「女性」をめぐる問題が大きくクローズアップされました。当の女性のみならず、男性からも大きな声が上がった様子はどなたもご覧になったことでしょう。女性蔑視問題だけでなく、身辺にそうした「そういうことではないのでは?」という流れが起きた人は多かったかもしれません。2月後半、そうした流れは引き続き目立ち、滞っていたものが払拭されていきます。問題だ、と認識されるだけでなく、具体的に改善の動きが始まる時期となるでしょう。おそらくは、ひとりひとりが行動を起こすことによって。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

何事も堅実に、時間をかけて進めていくことが大切な時期です。「心機一転まき直し、ドカンとやろう」「ここで一発逆転だ」などと山っ気を出してしまうと、残念ながらコケる可能性が高いでしょう。つまらないと思われるかもしれませんが、今一度「基本」や「ルール」に忠実になってみる、初心者のつもりで丁寧にやるといった選択が、行き詰まった現状に風穴を開けることになります。見た目の派手さ、おもしろさも魅力的ですが、それにつられないようにしましょうね。

対人運

果たしていない口約束、返却し忘れた借り物。そうしたものが対人運において、淀みを生じさせることがありそうです。もし思い出したことがあれば早めに対処しておくといいでしょう。また、そのつもりはないのに「また食事でも」「また連絡します」と社交辞令を述べることも、厄を溜めることにつながります。特に深く考えていなくても、つい挨拶がわりで言ってしまっている人は、控えてみるだけで対人運が良くなってくるはず。

金運

金運はアップダウンが大きく不安定。予定していた入金が遅れたり、すっかり忘れていた支払いがあったりと、ドキドキしながらお財布を覗くような時間が増えるかもしれません。今を調整のタイミングととらえて固定費の見直しをしたり、不要なものをフリマアプリで売ったりするのはいい選択といえるでしょう。副業を頑張るのも手ですが、オイシイ案件はグレーなものが多そう。信義にもとる仕事は控えましょう。

吉方位

15日:南、西 16日:南西、北西、北東 17日:西、北 18日:南東、北西 19日:東、西 20日:南東 21日:東、北西 22日:南東 23日:南東 24日:南、西 25日:南西、北西、北東 26日:西、北 27日:南東、北西 28日:東、西

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。