【2月15日〜28日・一白水星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【2月後半の運気の流れ】これまでなんとなく「そういうこと」とされてきた流れが、あるきっかけによって急ブレーキがかかる、「そういうことではないのでは?」という声が大きくなってくる、ということがあります。2月前半はそうした動きのなかでも「女性」をめぐる問題が大きくクローズアップされました。当の女性のみならず、男性からも大きな声が上がった様子はどなたもご覧になったことでしょう。女性蔑視問題だけでなく、身辺にそうした「そういうことではないのでは?」という流れが起きた人は多かったかもしれません。2月後半、そうした流れは引き続き目立ち、滞っていたものが払拭されていきます。問題だ、と認識されるだけでなく、具体的に改善の動きが始まる時期となるでしょう。おそらくは、ひとりひとりが行動を起こすことによって。
  • 文・真木あかり

一白水星

総合運

焦らず堅実な動きを心がけていくと良いときです。アグレッシブであること、前進することはとてもわかりやすい「いいこと」かもしれませんが、それだけでは見つけられなかったり、取りこぼしたりすることが多いのが今の時期なのです。欲をかかずにいれば、不思議と損得抜きで付き合ってくれる人がまわりに多く集まるようになり、いい運が循環し始めるでしょう。周囲からの期待を胸に、新たなやる気が生まれる人も多そうです。

対人運

人に助けられることが多い時期です。仕事にせよ、プライベートの用事にせよ、「お願い!」と言う勇気を持てるといいでしょう。もちろん全部丸投げをしてOKというわけではないのですが、ひとりで頑張りすぎる必要はないのだと、あなたのまわりの人が感じさせてくれます。わかりやすいヘルプに限らず、精神的な支えになってくれる人にも恵まれるはず。「この人の気持ちに応えるために、頑張ろう」「この人の笑顔が見たいから、自分が変わろう」などと、気持ちを少し強くしてくれる人との関係を、大切にできるといいですね。

金運

当てはまる人がちょっと限定されすぎてしまうかもしれませんが、不動産関連の金運にいい追い風が吹く時期です。住宅や土地の購入、賃貸住宅の引っ越し、ローンの見直しなど、前向きに情報収集してみるといいでしょう。ほか、生活の「土台」を整えることは金運アップにつながります。たとえば生活のリズムを整えるとか、地に足のついた判断を意識する、といったことは、日々意識していかれるといいでしょう。

吉方位

15日:西 16日:東、西、北西 17日:東、南西 18日:南東、北 19日:南東、南、北 20日:東、北東 21日:南西、西、北東 22日:南、西、北 23日:南、北西 24日:西 25日:東、西、北西 26日:東、南西 27日:南東、北 28日:南東、南、北

一白水星の基本性格
液体として存在するだけでなく、氷に水蒸気にとさまざまにかたちを変える水のように、柔軟で誰にでも人当たり良く接することができる人。ほがらかでコミュニケーション上手の人気者ですが、実はこれは表面上のお話。内面ではこだわりが強く、ひとりの時間が取れないと息が詰まってしまうようなところもあります。我慢強い頑張り屋さんゆえに、苦労性なところもあるでしょう。その分、努力が実ったときのリターンは大きいので、ほどよく頑張るポイントをいくつか押さえておけると素敵です。ひとりで抱え込みすぎず、頼ったり相談したりすること、自分が心地よいペースを「我慢」ではなく「ほどよさ」によってキープすること。そうすれば、あなたが持つ特性を素敵なかたちで活かしていけそうです。なお、苦労性と書きましたが、これはただ苦労するだけなどという損な話ではありません。頑張った分は必ず、あとから報われることになっています。中年期から晩年期が楽しくなりますので、どうぞお楽しみに。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。