【2月15日〜28日・三碧木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【2月後半の運気の流れ】これまでなんとなく「そういうこと」とされてきた流れが、あるきっかけによって急ブレーキがかかる、「そういうことではないのでは?」という声が大きくなってくる、ということがあります。2月前半はそうした動きのなかでも「女性」をめぐる問題が大きくクローズアップされました。当の女性のみならず、男性からも大きな声が上がった様子はどなたもご覧になったことでしょう。女性蔑視問題だけでなく、身辺にそうした「そういうことではないのでは?」という流れが起きた人は多かったかもしれません。2月後半、そうした流れは引き続き目立ち、滞っていたものが払拭されていきます。問題だ、と認識されるだけでなく、具体的に改善の動きが始まる時期となるでしょう。おそらくは、ひとりひとりが行動を起こすことによって。
  • 文・真木あかり

三碧木星

総合運

2月前半からすでに運気が上がってきていると感じていた人は多いことでしょう。後半もその流れは継続しており、周囲にもそれが伝わるほど。「なんか最近、調子よさそうだね」「頑張ってるね」なんて言われたら、いい波に乗れている証拠と思っていいでしょう。この時期はとにもかくにも、スピード勝負です。いいなと思ったら、パッと動く。立ち止まっていたならば、巡ってくる幸運も“それなり”なのです。「でも全然いいことないなあ。私だけツイてないのかなあ」なんて思われたなら、スポーツなどで体を動かしてみるのもおすすめです。

対人運

愛情運がアップします。パートナーや恋人と心あたたまるような時間を過ごせる人は多いでしょう。とはいえ、仕事や対外的な活動が面白くてたまらない! という状態にある人は要注意。好調なだけにそういった外向モードに向かうのも自然な流れではあるのですが、身近な人に向けられる気力が外部にどんどん振り分けられていってしまうのです。好調なときほど、身近な人に対していつもの優しいあなたでいられるよう、ちょっと意識してみるだけでバランスが良くなりそうです。なお、恋を探している人にとっては、人づてのご縁に良いものがありそう。人からの紹介は前向きに受けてみて。

金運

前半に引き続き金運は好調。努力の結果が金銭的な見返りとなって、手応えを感じられる人は多いことでしょう。資産運用に前向きな動きが出てくる人もいそうです。「先行きが不安だから、貯金をしておこう」というご判断もよろしいかと思いますが、自分への投資だけは惜しまずに。いい運のときは、いいお金の使い方をする。そうすることで、今後の努力もプラスのところから始められることになります。これは、大きな価値と言えるはず。

吉方位

15日:南西 16日:北 17日:東 18日:南西 19日:西、北西 20日:北西 21日:南東、北東 22日:東、西 23日:南西、北西 24日:南西 25日:北 26日:東 27日:南西 28日:西、北西

三碧木星の基本性格
春、あたたかな日差しのもとで木々が鮮やかな色の新芽を次々に出していくように、若々しい成長のエネルギーに満ちた人です。いつもだいたい前向きで、ハッピーオーラ全開。ピンチのときも「なんとかなるよ!」なんて言いながら、ポジティブに目の前のことに挑んでいきます。あなたのまわりの人も、つられて明るく楽しい気持ちになるという人が多いに違いありません。ただ、勢いはあるものの、少々お調子者で向こう見ずなところもあることは否めません。根拠のない自信から積極的に行動して派手にコケたり、自慢話を盛りすぎて慌てるハメになったりと、悪気はないもののお騒がせキャラになってしまうことも。その姿はまるで子ども!? でも、いいなと思ったら即やってみる! という行動力は、たくさんの恵みをあなたにもたらしてくれているはずです。さっぱりと引きずらないところも魅力と言えるでしょう。ちなみに、誰に対してもフレンドリーですが、本当に心を開いている相手は意外なほど限定されていたりもします。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。