からだ
くらし

キャベツと木くらげの豚しゃぶ ナムル風サラダ【井澤由美子さんに教わる腸活レシピ】

腸の不調や便秘は、ぽっこりお腹の原因にも。料理家の井澤由美子さんのレシピで、たっぷりの野菜に、発酵食品やオイル、海藻などを合わせ整腸作用のある“デトックスサラダ”を作りましょう。
  • 撮影・村上未知 料理製作、スタイリング・井澤由美子
食物繊維豊富なセロリは、 香味の役割も。
食物繊維豊富なセロリは、 香味の役割も。

腸といえばキャベツ。肉と合わせて主菜に。
食物繊維、ビタミンCが豊富なキャベツと、整腸作用と老化防止効果も高い黒きくらげで、お腹すっきり、疲れも取れるサラダに。

【材料(2人分)】
キャベツ約1/2個(300〜400g) セロリ1/3本 塩麹小さじ1〜2  オリーブオイル小さじ1 しゃぶしゃぶ用豚肉150g 生黒きくらげ4〜5枚 酒大さじ1 ごま油小さじ1 酢大さじ1 醤油小さじ2 にんにく1/2かけ 黒すりごままたは捻りごま適量

【作り方】 
1.キャベツは一口大のざく切り、セロリは筋を取って茎は薄切り、葉は適量を刻み、塩麹とオリーブオイルで揉んでおく。
2.にんにくを薄切りにしてごま油(分量外)でカリカリに揚げ焼きする。
3.小鍋に湯を沸かし、塩(分量外)を入れ、豚肉を入れたら火を止め、色が変わったら取り出し、黒きくらげを1分ほど茹でる。
4.3をごま油、酢、醤油で和える。
5.器に1と4を盛り、2を散らし、仕上げに黒すりごまをかける。

井澤由美子(いざわ・ゆみこ)さん●料理家。発酵食、薬膳のエキスパート。本誌995号の料理研究家・藤井恵さんとの対談がきっかけで、7月に念願のスペイン旅行に。「現地の居酒屋や発酵食品、たくさん探してきます!」

『クロワッサン』998号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE