からだ
くらし

きのこと根菜を使って食感に変化をつけたみそ汁。【腸を整えるみそ汁レシピ】

4つの素材を混ぜ合わせただけの「みそ玉」には、腸を健康にするはたらきが。みそ玉を使った具だくさんみそ汁を日々の習慣にするレシピを、料理家のみないきぬこさんに教わりました。
  • 撮影・青木和義

きのこたっぷりみそ汁

複数のきのこが生み出す濃厚なうまみ。
低カロリーで腹持ちがよく、食物繊維たっぷりのきのこ。何種類も入れることでそれぞれのうまみ成分が溶け出す。

【材料(2人分)】
しめじ、しいたけ、舞茸など好みのきのこ(合わせて)150g、にんじん2cm、しょうが(千切り)5g、長ねぎ1/3本、ごま油小さじ1、みそ玉2個、だし汁2カップ

【作り方】
1.
しめじは石づきを落としほぐす。しいたけは石づきを落とし薄切りにする。舞茸はほぐし、にんじんは千切り、ねぎは小口切りに。
2.鍋にごま油、しょうがを入れて中火にかける。香りが立ったらにんじん、きのこを加えて炒める。全体がしんなりしたら、だし汁を加える。
3.ふつふつしてきたらアクを取り、ふたをずらしてのせ、弱めの中火で5分ほど煮る。ねぎを加え、みそ玉を溶き入れて火を止める。

おろししらすのみそ汁

さっぱりとした風味が口の中に広がる。
大根おろし×しらすのゴールデンコンビを汁に。「大根は栄養価の高い葉っぱまで使ってくださいね」

【材料(2人分)】
大根1/3本(正味200g)、大根の葉適量、しらす大さじ2〜3、片栗粉小さじ2、みそ玉2個、だし汁2カップ

【作り方】
1.大根は皮をむき、すりおろしたら、ざるにあげて軽く水気を切る。耐熱容器に入れて片栗粉を混ぜ、ラップをして電子レンジ(600W)で2分加熱する。全体を混ぜてさらに1分加熱する。
2.鍋にだし汁を入れて中火にかけ、ふつふつしてきたら刻んだ大根の葉を加える。
3.1分ほど煮たらみそ玉を溶き入れる。
4.器に1を入れて3を注ぎ、仕上げにしらすをのせる。

たたき長芋のみそ汁

梅干しの酸味がさわやかなアクセント。
熱を加えるとやわらかな食感が楽しめる長芋を、あえて不ぞろいな形で。「淡白なので油揚げのコクを加えます」

【材料(2人分)】
長芋120g、油揚げ1/2枚、わかめ(戻したもの)20g、梅干し2個、細ねぎ(小口切り)適量、みそ玉2個、だし汁2カップ

【作り方】
1.芋はよく洗い、皮付きのままビニール袋に入れて麺棒などでたたき、割りほぐす。油揚げは細切りに、わかめは一口大に切る。
2.鍋にだし汁を入れて中火にかけ、長芋、油揚げを加える。ふつふつしてきたら弱めの中火にし、ふたをずらしてのせ、2分ほど煮てからみそ玉を溶き入れる。
3.器にわかめを入れ、2を注ぐ。梅干しをのせ、細ねぎを散らす。

みないきぬこさん●料理家。女子栄養大学卒業後、料理研究家・枝元なほみさんのアシスタントを経て独立。フードコーディネーターとしても、雑誌やテレビ、広告で活躍中。

『クロワッサン』998号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE