からだ

たるみもむくみもスッキリ、毎日できる、ゆる筋トレ。

  • 撮影・黒川ひろみ スタイリング・高島聖子 ヘア&メイク・高松由佳 指導&モデル・池田佐和子 文・小沢緑子

1.脚ブランコ【むくみ・左右15回ずつ】

レベル1と2の合わせ技で、効果がアップ!
運動不足以外に、加齢も股関節が硬くなる原因。レベル1と2を両方行えば、股関節を柔軟に保つことが。むくみ解消の効果もアップする。

[レベル1]椅子につかまって 脚ブランコ

【ながらもOK】オフィスの休憩時間に、家でテレビを見ながら。

1.脚は腰幅に開いて背筋を伸ばす。つま先は正面向き。片手で椅子の背を持ち、反対側の膝が90度になるまで上げる。お腹も意識すると体がぐらぐらせず安定。
2.上げた脚は膝を曲げたまま、お尻を締めるイメージで後ろに蹴る。動かすときは脚でなく、股関節を意識。前後に15回、大きく振る。反対側の脚も同様に。

[レベル2]腕を振りながら 脚ブランコ

1.右の椅子なしバージョン。脚を腰幅に開いて背筋を伸ばし、両肘は曲げて立つ。片方の脚を膝が90度になるまで上げる。
2.両腕を振りながら、膝を曲げたまま脚を後ろに蹴る。前後に15回、大きく振る。反対側の脚も同様に。

2.二の腕伸ばし スクワット【むたるみ・1回】

全身のたるみを、このポーズで一気に引き締め。
スクワットに、二の腕伸ばしを組み合わせたゆる筋トレ。二の腕、背中、下半身と、たるみが気になる部位を一度にまとめて刺激できる。

1.脚は肩幅に開き、つま先は開かずに正面向きにする。顎を上げ、背筋を伸ばしてまっすぐに立ち、両肘を曲げて手のひらを後ろに向けるスタート姿勢に。
2.背筋は伸ばしたまま、両腕を後ろに引き、手のひらを返しながら、10秒かけて膝を曲げて腰を落とす。そのスクワット姿勢を2秒キープ。10秒かけて元の姿勢に戻す。1回。
膝が曲がっておらず、腰も落ちていない。前のめりにならないこと。

1週間続けたら、脚が軽くなってきたような気がします。

スクワットはたまに家で行っていたこともあり、ゆる筋トレの体験中、池田さんにフォームがきれいだとほめられていた田中さん。

「ただ私がやっていたのは普通のスクワット。今回教わった、ゆっくり行うスクワットのほうが筋肉に効くよう。家では脚ブランコと一緒に、毎日1回、気が向いたときに1週間続けたら、階段の上り下りの際に脚が軽くスムーズに上がるようになった気がします。ゆるく続けられるのがいいですね」

田中ひろみ(たなか・ひろみ)さん●イラストレーター、文筆家。仏像の魅力を伝える著書多数。新刊は、10キロ減の体験をまとめた、腸の名医、小林弘幸さんとの共著『やせるみそ汁』(小社刊)。

田中さん・カバートップス8,500円、ショートパンツ7,500円(共にダンスキン/ゴールドウイン TEL.0120-307-560) ロングタイツ1万2000円(シースリーフィット/ゴールドウイン)
池田さん・カバータンクトップ6,000円、中に着たキャミソール5,500円、ショートパンツ7,500円(以上ダンスキン/ゴールドウイン) ロングタイツ1万2000円(シースリーフィット/ゴールドウイン)

『クロワッサン』996号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。