からだ
更新:

いざ! 1日1分、毎日の「つまむ」手技でリフトアップを実現しましょう。

  • 撮影・青木和義 図解イラスト・坂本康子 文・越川典子

1回たった20秒で、 4大ラインを一気にケア。

【1日左右10回ずつ(反対側も)】

頬骨リガメントは頬骨の中央から耳の前にかけてある。3本の指で持ち上げる。右顔は右手、左顔は左手で行う。
1.リガメントは、持ち上げるように押すのがコツ。くいしばりがあれば軽く口を開く。
2.頬の咬筋を親指と人差し指の第2関節まで使い、軽くつまんでパッと離すをくり返す。

老けて見えるゴルゴライン、 ほうれい線を一度にケア。

【1日左右5回ずつ(反対側も)】

目の横、こめかみにあるのが眼輪筋リガメント。2本の指で押さえる。つまむポイントも確認してから始めよう。
1.眼輪筋リガメントを押さえたら、上に引き上げたまま、次のステップへ。
2.反対の手の親指を口角の上に、人差し指を添え、軽くつまんでパッと離す。
3.次に、頬骨の下、中央あたりに移動して、親指と人差し指で軽くつまみ、パッと離す。
4.頬骨の端あたりを、親指と人差し指で軽くつまみ(つまめる範囲でよい)、パッと離す。

マリオネットラインに 働きかけ、あごスッキリ。

【1日左右5回ずつ(反対側も)】

咬筋リガメントと側頭筋リガメントを1本の指で押す。両方の位置を確認しておく。
1.咬筋リガメントを引き上げるように持ち上げる。くいしばりがある場合は、軽く口を開く。
2.反対の手の親指と人差し指であごをつまみ、パッと離すをくり返す。

最も老け顔に見せる ブルドッグラインを解消。

【1日5回】

咬筋リガメントと側頭筋リガメントを1本の指で押す。両方の位置を確認しておく。
1.口を開閉するとき、耳の少し前で動く関節が顎関節。その手前にある、咬筋リガメントを押す。
2.咬筋を中心に、親指と人差し指で軽くつまんでパッと離す。
3.少しだけ上に移動し、同様に親指と人差し指で軽くつまんでパッと離す。
4.目尻の横あたりまで移動して、同じように軽くつまんでパッと離す。
5.最後に側頭筋リガメントを押さえ、気持ちよいくらいの強さで回してほぐす。

『クロワッサン』996号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。