からだ

たった3分ですっきり顔! メイク前の簡単マッサージを実践。

前日に水分を摂りすぎたのが原因か、加齢による代謝の低下が原因か、朝、起きたら顔がパンパン、目も腫れぼったくて……。
そんな経験はありませんか? 日頃からできるむくみ対策やマッサージ、メイク法を学び、年齢を感じさせないすっきり小顔を目指したい!
  • 撮影・玉置順子(t.cube) 文・今井 恵

小澤実和さん
おざわ・みわ ヘア&メイクアップアーティスト

福沢京子氏に師事後、独立。雑誌や広告、メイクセミナーなどでも活躍。明るい人柄とスキンケア知識の豊富さでモデルや女優から支持を集める。

「加齢で顔の筋力が衰えると、どうしてもたるみやむくみの影響で、めりはりが出にくく、顔が大きく見えてしまいますが、どちらもマッサージすることで変わります。ただし、肌は傷つきやすいので、必ずオイルやクリームで一枚膜を張った状態で行うことが大切です」

と、小澤実和さん。長年治らなかった吹き出物を、正しいマッサージ法を勉強することで克服し、メイク前の女優にもそのマッサージ施術が好評。

「今回はむくみやすいフェイスライン、口元、目の周りのマッサージ法をご紹介します。正しく行えば、肌のきめを整える、毛穴を小さくする、血色がよく小顔になる効果もあります」

気をつけるのは、目周りに力を入れすぎないこと、そして摩擦を防ぐオイルやクリームは、たっぷり使うこと。

「むくみが取れるので、肌はふっくらするのに、顔がすっきりします」

マッサージにはクリーム&オイルが最適。

過酷な環境でも生きる復活草の幹細胞エキスと、3種の復活草エキスを抽出。潤いで満たすクリーム。MDNA SKIN ザ リインベンションクリーム 50g 7,800円(MTG TEL.0120-467-222)
月桃は血流アップ効果を期待できるショウガ科の植物。その働きを最大限に引き出す抽出法で作られた美容オイル。MOON PEACH サーキュレイトオイル 60ml 7,000円(レセラ TEL.0120-602168)
過酷な環境でも生きる復活草の幹細胞エキスと、3種の復活草エキスを抽出。潤いで満たすクリーム。MDNA SKIN ザ リインベンションクリーム 50g 7,800円(MTG TEL.0120-467-222)
月桃は血流アップ効果を期待できるショウガ科の植物。その働きを最大限に引き出す抽出法で作られた美容オイル。MOON PEACH サーキュレイトオイル 60ml 7,000円(レセラ TEL.0120-602168)

オイルとクリームを 手のひらの上で混ぜて使う。

1.手のひらの上で、クリームをパール2粒大分、オイル5〜6滴とよく混ぜる。

老廃物が溜まりやすい フェイスライン。

2.顔全体に1をのばし、あごのあたりで両手を拝むように合わせる。親指の腹をあごの下のくぼみに当て、えらに向かって骨の下をぐっと押しながらスライドさせる。
3.親指は往復させずに、あごからえらへと一方向に動かすこと。えらのくぼみは老廃物を流すポイントなので、左右ともに押し流すとよい。
2.顔全体に1をのばし、あごのあたりで両手を拝むように合わせる。親指の腹をあごの下のくぼみに当て、えらに向かって骨の下をぐっと押しながらスライドさせる。
3.親指は往復させずに、あごからえらへと一方向に動かすこと。えらのくぼみは老廃物を流すポイントなので、左右ともに押し流すとよい。

たるみが見えやすい 口周りを、キュッとUP。

4.口角をキュッとあげるように、両方の中指で口角から人中(鼻の下の溝)へと上唇の輪郭をなぞるように動かす。
5.小鼻のわきから両方の中指でほうれい線のシワを左右に押し広げる。
6.年齢が見えやすい唇の上は、口角から人中へと向けて中指をくるくるやさしく動かしていく。
4.口角をキュッとあげるように、両方の中指で口角から人中(鼻の下の溝)へと上唇の輪郭をなぞるように動かす。
5.小鼻のわきから両方の中指でほうれい線のシワを左右に押し広げる。
6.年齢が見えやすい唇の上は、口角から人中へと向けて中指をくるくるやさしく動かしていく。

デリケートな目元は、 軽いタッピングで。

7.中指で目頭から目尻へと、印の部分を目安に指の腹を小刻みに押し動かし、パッとはなす。
8.目の下のふくらみとたるみを中指の腹で弾いて散らすように、リズミカルに気になる部分をタッピングする。
9.上まぶたを親指と人差し指で軽くつまみ、皮膚に対して垂直に引っ張ってはなす。眉骨(目周りの骨)に沿って行う。
10.両方の親指を眉頭の下にある眉骨に当て、骨を持ち上げるような感じで押し上げる。
11.眉を親指と人差し指でつまむように、皮膚に対して垂直に軽く引っ張る。これを眉頭、眉中、眉尻と3カ所繰り返す。
7.中指で目頭から目尻へと、印の部分を目安に指の腹を小刻みに押し動かし、パッとはなす。
8.目の下のふくらみとたるみを中指の腹で弾いて散らすように、リズミカルに気になる部分をタッピングする。
9.上まぶたを親指と人差し指で軽くつまみ、皮膚に対して垂直に引っ張ってはなす。眉骨(目周りの骨)に沿って行う。
10.両方の親指を眉頭の下にある眉骨に当て、骨を持ち上げるような感じで押し上げる。
11.眉を親指と人差し指でつまむように、皮膚に対して垂直に軽く引っ張る。これを眉頭、眉中、眉尻と3カ所繰り返す。

『クロワッサン』996号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE