からだ

もしかして、私も? 口臭の悩みを一掃したい。

  • 撮影・森山祐子(財津さん)、黒川ひろみ (角田さん) 文・石飛カノ

実際ににおいがなくても自分の口臭が気になる。ここ30年でわかってきた心理的口臭症とは。

医学博士、慶應義塾大学医学部 歯科口腔外科学教室 角田博之さん

口臭外来を訪れるのは実際に口臭がある人ばかりではない。においはほとんどなくても「口臭に悩んでいる」人もまた、少なくないという。心と身体の両面から口臭治療に取り組む、慶應義塾大学病院歯科医師の角田博之さんに聞いた。
「口臭の有無にかかわらず、悩みや訴えのある方が口臭外来を受診します。実際ににおいはないけれど、口臭が気になって仕方ない。人によっては、この歯が悪いから治療してくださいと訴え、でも治療しても治らない。歯を1本抜き2本抜き、結局全部抜いても治らない。なぜなら、実際ににおいがあるわけではないからです」

こうした心理的症状を持つ人は、心理的口臭症と診断される。
「こういう患者さんは周囲の人が窓を開けると、自分のにおいがイヤでそうしたんだと考えます。隣に座っている人が出て行ったのは自分のにおいのせいに違いないと。周りの人のささいな行動や仕草を自分のにおいに結びつけて考えるんです。他人の仕草でにおいを確信するので、いくら歯を治療しても治らないわけです」
こうした患者が少なからずいるとわかったのが、およそ30年前のこと。
「精神科の領域ではこのような精神症状を持つ患者がいることは昔から知られていました。口の中だけではなく、腋の下や性器などの体臭を執拗に気にする症状のことです。しかしながら、歯科ではそういう患者さんがいること自体、あまり知られていませんでした。だから口臭の訴えに基づき治療していたんですが、それでは不充分である。そう言われ始めました」

心理的口臭症の治療に近道はない。まずは口臭外来などで繰り返し口臭測定をしてもらうこと。場合によっては、精神科を紹介されることもある。
「病状に明確な線を引くことは難しいですが、口臭について自信を持ってもらい、自分を取り戻してもらうことが私たちの仕事です」

心理的口臭症の人に見られる傾向

《心理的口臭症の人に見られる傾向》
●どんな口臭対策をしても自分のにおいが気になる。
●口臭が気になって何ごとにも集中できない。
●他人が口に手を当てただけで臭いと思われていると感じる。
●家族から「臭くない」と言われても信用できない。
●電車で隣の席が空いているのは自分の口臭が原因だと感じる。
●周りの人が咳払いや鼻をすするのは臭いと思われているからだと感じる。
●口臭が気になって外出することができない。

口臭の有無を手軽に判断できる。気になる人はチェックしてみても。ブレスチェッカー アイボリー EB-100 6,000円※編集部調べ(タニタ TEL:0570-099655)

財津 崇(ざいつ・たかし)●歯学博士、東京医科歯科大学大学院 健康推進歯学分野助教。口腔セルフケア、歯周病予防プログラムの開発などに携わり、週に2回、口臭専門外来の「息さわやか外来」を担当。

角田博之(つのだ・ひろゆき)●医学博士、慶應義塾大学医学部 歯科口腔外科学教室。口腔粘膜疾患の専門外来を担当。口臭の原因、味覚障害の治療に定評があり、他科と連携して心理的口臭症の診療にも当たる。

『クロワッサン』978号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。